そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

当サイトおすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20170627135431j:plain


残像

監督:アンジェイ・ワイダ

アンジェイ・ワイダ監督の遺作、心に残る映画です!

>>

f:id:ausnichts:20170419165406j:plain


午後8時の訪問者

監督:ジャン=ピエール・ダルデンヌ&リュック・ダルデンヌ

(ネタバレ)ダルデンヌ兄弟、相変わらず隙がなく完璧!

>>

f:id:ausnichts:20170317150742j:plain


パリ、恋人たちの影

監督:フィリップ・ガレル

(ほぼネタバレ)恋に悩む男女におすすめ、大人になるために。

>>

f:id:ausnichts:20170307095739j:plain


ブラインド・マッサージ

監督:ロウ・イエ

(完全ネタバレ)これに金熊を与えなかった審査員が信じられない!

>>
最新記事

映画「バンコクナイツ」富田克也監督がオザワ役で出演しています

「国道20号線」「サウダーヂ」と見てきて、富田克也監督ってどんな人?と思っていたのですが、この映画でわかりました(笑)。

 

出ていました。それも主役で。

 

俳優でいけるんじゃないの。

 

監督:富田克也f:id:ausnichts:20170502101036j:plain

バンコク。日本人専門の「人魚」でNO.1のラックは出稼ぎに出て5年が経った。ラックの支える大家族は、メコン川のほとりノンカーイに暮らしていた。ある晩、ラックは昔の恋人オザワと再会する。元自衛隊員のオザワは、今では日本を捨てバンコクで暮らす沈没組。ラックとオザワは、バンコクを逃れるように国境の街ノンカーイへと向かう…。(公式サイト

 

(俳優でいけるんじゃないの)と思いましたのは、力が抜けて何ともとらえどころのない雰囲気が、この映画の中の役柄である元自衛官オザワに、妙にはまっていたからです。

 

この映画、実は3時間という長い映画であり、さらに非常に長く感じさせる作りになっているのです。

 

一概に批判的に言っているのではなく、その長く感じさせる作りが、未熟からなのか(スマソ)、あえてそうしているのかがよく分からないのです。

 

一番の理由は映画に軸がないからなんですが、で、富田克也監督の俳優の話に戻しますと、その軸をオザワとラック(スベンジャ・ポンコン)において2時間程度にまとめればかなり面白い映画になったんじゃないかという気がします。

 

でもまあ、そんなことは分かっているでしょうから、多分あえてこの長さにしているんでしょう。

 

ということで、私には、なぜこのカットがいるの?とか、今のシーンなんだったの?と、気になって映画に入り込めなかったですね。

 

バンコクナイツ Bangkok Nites

バンコクナイツ Bangkok Nites

  • アーティスト: Suri Yamuhi & The Babylon Band,ダオ・バンドン,DJ Pai Dwai,Young-G,オーンウマー・シンシリ,ルンペット・レームシン,XXXSSS Tokyo,バーンノンカーイ・バンド,アンカナーン・クンチャイ,クン・ナリンズ・エレクトリック・ピン・バンド,DJ Kensei,豊田勇造,山村剛,スラチャイ・ジャンティマトン,スベンジャ・ポンコン,XLII,Thong Boonma,Le Boonma,Tondo Tribe,クワンター・ファーサワーン,stillichimiya,おみゆきCHANNEL
  • 出版社/メーカー: エム・レコード
  • 発売日: 2017/03/20
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログ (2件) を見る