そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

当サイトおすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20170918200754j:plain


あさがくるまえに

監督:カテル・キレヴェレ

(ネタバレしても問題ない)のでよく知って見るべし。シンプルなのに情感豊か。

>>

f:id:ausnichts:20170816183630j:plain


ブランカとギター弾き

監督:長谷井宏紀

(ネタバレ)映画はシンプルなのに物語は深い

>>

f:id:ausnichts:20170627135431j:plain


残像

監督:アンジェイ・ワイダ

アンジェイ・ワイダ監督の遺作、心に残る映画です!

>>

f:id:ausnichts:20170419165406j:plain


午後8時の訪問者

監督:ジャン=ピエール・ダルデンヌ&リュック・ダルデンヌ

(ネタバレ)ダルデンヌ兄弟、相変わらず隙がなく完璧!

>>
最新記事

映画「雨にゆれる女」夜景や暗い室内の撮り方が美しいですね

監督の半野喜弘さんは、「ホウ・シャオシェン、ジャ・ジャンクー…映画界の名匠たちを魅了してきた音楽家」と紹介されています。

よく知りませんでしたが、確かに最近の映画では「山河ノスタルジア」にもクレジットされており、第52回金馬奨音楽賞ノミネートとあります。音楽としてはほとんど記憶していませんが、逆に言えば、それは劇伴という意味ではとても良かったということです。

その半野喜弘監督の長編デビュー作です。音楽家ではありますが、映像制作もちょこちょことやっているようです。

 

監督:半野喜弘

f:id:ausnichts:20161216205646j:plain

本名を隠し、別人としてひっそりと暮らす男。ある夜、突然同僚が家にやってきて、無理やり女を預ける。謎の女の登場で、男の生活が狂いはじめる。なぜ、女は男の前に現れたのか。そして、なぜ、男は別人を演じているのか。お互いに本当の姿を明かさないまま、次第に惹かれ合っていくふたり。しかし、隠された過去が明らかになるとき、哀しい運命の皮肉がふたりを待ち受けていた――。(公式サイト

 

で、公式サイトをみてみようと「雨に濡れる女」と入れてもヒットしません。あれ?とよく見ましたら「雨にゆれる女」でした(笑)。

見ておいてなんだ!ですが、でも、内容はかなり「雨に濡れる女」的メロドラマでした。 

 

どんなメロドラマかといいますと(完全にネタバレしています)、

男は、過去に人を殺しており、それゆえ人付き合いを避け隠れるように暮らしています。ある日、会社の同僚が女を預かってくれと無理矢理置いていきます。男は冷たくあしらいますが、女は男の元を離れようとせず、結局肉体関係を持ってしまいます。

男が自分の過去を語ります。男には姉がおり、貧しい暮らしの中、姉は精神を病み、医師にかかります。姉は医師と付き合うことになり、幸せそうに見えた矢先、姉が自殺します。男は、その原因が医師に捨てられたからと思い込み、殺したのです。

女が語ります。自分は、あなたのお姉さんが付き合っていた医師の娘だと。そして、お姉さんが自殺した原因は、父親に再婚の話をされた時、自分が「あの変な人がお母さんだなんて嫌だ」と、お姉さんに聞こえるように拒否したからだと告げます。

 

と、こんな話です。そして、ラスト、男は自殺します。

 

正直、こういう話はきらいじゃないのですが、さすがにつくり過ぎの悲劇的不幸物語過ぎます。

こうした話も実際にあるかもしれませんが、仮にあったとして、それを描くとするのなら、注目すべきはその物語自体ではなく、そもそもの不条理性でしょう。こんなに物語の筋が通り過ぎていては、逆に、あ、そう、で終わってしまいます。

もったいないですよね。

 

暗いシーンが多いのですが、日本映画らしからぬ照明でいい感じで撮れていますし、鋳物工場でしょうか、焼けた鉄(?)の飛び散るところとか、映像的にはとても丁寧ですし、色々考えて撮られています。

 

で、思うんですが、こういう話って、ある意味、男の妄想物語ですよね。

 

アウトロー、因縁のある女性との関係、死による赦し。

 

それに古くからあるパターンです。

 

山河ノスタルジア [DVD]

山河ノスタルジア [DVD]