読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

当サイトおすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20170211220222j:plain


たかが世界の終わり

監督:グザヴィエ・ドラン

グザヴィエ・ドラン、会話劇で新境地

>>

f:id:ausnichts:20170206201800j:plain


ショコラ 君がいて、僕がいる

監督:ロシュディ・ゼム

実在したフランスの道化コンビ「フティット&ショコラ」の友情、そして人種差別

>>

f:id:ausnichts:20161209174610j:plain


ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気

監督:ピーター・ソレット

エレン・ペイジのアップになるたびに涙が流れて…。もちろんジュリアン・ムーアもいいのですが。

>>

f:id:ausnichts:20161021170437j:plain


みかんの丘

ザザ・ウルシャゼ監督

この寓話的真実で争いがなくなることはないにしても、この寓話的真実を理解できなければとっくに世界は終わっている。

>>
最新記事

映画「世界の果てまで ヒャッハー!」 なぜこの映画を買い付けたの?

映画

各映画館の上映作品欄を見ていましたら、なんだコレ? 世界の…果てまで…? ヒャ? ヒャ? ヒャッハー!? ヒャッハー??

何じゃ、これ?と、結構おバカ映画好きな私としましては、マウスのスクロールも止まってしまったわけです。

ふむ、ふむ…。「オシャレの国フランスで昨年公開され、興行収入2週連続No.1、8週連続Best10入りを果たす」だって!?

 

f:id:ausnichts:20161123200154j:plain

映画「世界の果てまでヒャッハー!」公式サイト

 

と、捕まってしまったのが運の尽き。

 

おバカ映画でもなんでもなく、単なる低レベルで、差別的で、お下劣で、偽善的な映画でした。

 

いまどき、アラブ(系)の人物を差別的表現で揶揄して笑いを取ろうとしたり、アマゾンの先住民を人喰い人種のごとく扱ったりする映画がこの世にあるとは思いませんでした。

 

ほんとにフランス人はこの映画で笑っているんでしょうか?

 

日本では、誰も笑っていませんでしたよ。まあ、ただ休み前の6時台の上映ではあったのに、何と客は10人程度という、さもありなんという状態ではありました。

 

ゾンビランド [Blu-ray]

ゾンビランド [Blu-ray]