読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

当サイトおすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20170211220222j:plain


たかが世界の終わり

監督:グザヴィエ・ドラン

グザヴィエ・ドラン、会話劇で新境地

>>

f:id:ausnichts:20170206201800j:plain


ショコラ 君がいて、僕がいる

監督:ロシュディ・ゼム

実在したフランスの道化コンビ「フティット&ショコラ」の友情、そして人種差別

>>

f:id:ausnichts:20161209174610j:plain


ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気

監督:ピーター・ソレット

エレン・ペイジのアップになるたびに涙が流れて…。もちろんジュリアン・ムーアもいいのですが。

>>

f:id:ausnichts:20161021170437j:plain


みかんの丘

ザザ・ウルシャゼ監督

この寓話的真実で争いがなくなることはないにしても、この寓話的真実を理解できなければとっくに世界は終わっている。

>>
最新記事

「夏の終り/熊切和嘉監督」満島ひかりさんフィーチャーの映画としてみれば悪くはないが、昭和30年は感じられずかな

DVD 映画

「愛のむきだし」で、何だこの子は!?と、ある種、衝撃を感じた満島ひかりさん、その後見ているのは、「カケラ」「川の底からこんにちは」「悪人」ですが、読み返してみますと、どれも監督をぼろくそに書いています(笑)ので、「悪人」以外は、満島さんの話題になっていません。

「悪人」で褒めているのは、ああいう直情的な役どころははまり役といった意味ですが、ただ、もう数年前ですから、今はどうなんでしょう?

ということで、この「夏の終り」です。

夏の終り [DVD]

夏の終り [DVD]

 

 

とは言っても、2013年ですから2,3年前の映画です。

満島ひかりさんが変わっていこうとする過程でしょうか、まだまだ直球勝負で一生懸命演じるところ(を見せる?)から抜け出られていない感じです。

熊切和嘉監督も、「海炭市叙景」や「私の男」を見る限り、割とシナリオに忠実に撮っていくタイプではないかと思われ、俳優への演出もあまりしない、あるいは見せないタイプではないかと思います。

そうした結果だと思いますが、昭和30年代という時代と満島ひかりの今どき感のミスマッチが面白いといえば面白い、時代が感じられないといえば感じられない、映画です。

 

満島ひかりさんをフィーチャーして、この俳優を昭和の時代においてみたらどうなるのだ?なんて企画意図で作られた映画であれば成功ですし、昭和の時代に自らの思い(欲望)に忠実に生きようとした一人の女性を描こうとしたのであれば、描ききれていないということになります。

もちろん、男女関係なんて今も昭和の時代も同じようなものでしょうから、この映画の知子のような女性がいなかったということではありません。

その行為の話ではなく、細かな振る舞いや内面的な意識の話です。 

 

夏の終り (新潮文庫)

夏の終り (新潮文庫)