読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

当サイトおすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20170211220222j:plain


たかが世界の終わり

監督:グザヴィエ・ドラン

グザヴィエ・ドラン、会話劇で新境地

>>

f:id:ausnichts:20170206201800j:plain


ショコラ 君がいて、僕がいる

監督:ロシュディ・ゼム

実在したフランスの道化コンビ「フティット&ショコラ」の友情、そして人種差別

>>

f:id:ausnichts:20161209174610j:plain


ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気

監督:ピーター・ソレット

エレン・ペイジのアップになるたびに涙が流れて…。もちろんジュリアン・ムーアもいいのですが。

>>

f:id:ausnichts:20161021170437j:plain


みかんの丘

ザザ・ウルシャゼ監督

この寓話的真実で争いがなくなることはないにしても、この寓話的真実を理解できなければとっくに世界は終わっている。

>>
最新記事

「ラブバトル/ジャック・ドワイヨン監督」セザンヌの「La lutte d'amour」に着想を得たとありますが、その静止画的なイメージから抜け出られていないようだ…

映画

ほぼ全編、サラ・フォレスティエとジェームス・ティエレのカラミです。カラミといっても、エロチックさはあまりなく、ほとんど取っ組み合い(?)といった方がいいでしょう。

なんだか、見ていても、こりゃ俳優たちはあざだらけだなあなんて心配が先走り、映画として楽しめません。

最初は、二人の取っ組み合いにダンスっぽさが感じられ、面白いじゃんとか見ていたんですが、さすがに同じパターンが幾度も繰り返されると眠気もやってきます。

まあ、愛が暴力的ということは分かりますが、なぜサラ(役名はないようです)があそこまで暴力的な関わりにこだわるのかよく分かりません。

・・・
その夜、彼女はふたたび男のもとを訪ねた。「私に会いたくないの? 理由を説明して。あなたと寝なかった罰?ひどいわ。赤の他人だから無視するわけ」亡き父や家族への苛立ちが、男への怒りとなって爆発する。彼女は男を挑発した。「あの夜の気分になるわ。でも寝ないわよ。用意はいい? 試してみましょうよ」彼女は、あの夜と同じように男を誘惑する。だが、それに応えようとした男を拒絶し、やがてそれは掴み合いとなった。「俺に何を期待してた? 殴り合いか?」男に彼女は答えた。「“愛の闘い”よ」(公式サイト

ということらしいです。

結局、セザンヌの「La lutte d'amour」に着想を得たと公式サイトにありますが、その静止画的なイメージから抜け出られていないように思います。

延々格闘を繰り返し、結局セックスに行き着き、サラがジェームスに執着するという「愛」の結末は、正直いただけません。

こんなことを言うとひんしゅくを買いそうですが、「死=破壊」に至るまで「愛=暴力」を貫徹するのなら感動もしますが、行き着く先がせいぜい暴力的なセックスじゃ、ここまでやった俳優がかわいそうでしょう。

ジャック・ドワイヨン監督、これが初めてかも知れません。過去の作品を見てみようと思う程度には興味深い映画でした。

それにしても、「ラブバトル」ってなんやねん?