読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

当サイトおすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20170419165406j:plain


午後8時の訪問者

監督:ジャン=ピエール・ダルデンヌ&リュック・ダルデンヌ

(ネタバレ)ダルデンヌ兄弟、相変わらず隙がなく完璧!

>>

f:id:ausnichts:20170317150742j:plain


パリ、恋人たちの影

監督:フィリップ・ガレル

(ほぼネタバレ)恋に悩む男女におすすめ、大人になるために。

>>

f:id:ausnichts:20170307095739j:plain


ブラインド・マッサージ

監督:ロウ・イエ

(完全ネタバレ)これに金熊を与えなかった審査員が信じられない!

>>

f:id:ausnichts:20170211220222j:plain


たかが世界の終わり

監督:グザヴィエ・ドラン

グザヴィエ・ドラン、会話劇で新境地

>>
最新記事

「アイム・ソー・エキサイテッド!/ペドロ・アルモドバル監督」初期のアルモドバルが帰ってきた!まるでお友達のように「アルモドバル」と呼び捨て?

DVD 映画

初期のアルモドバルが帰ってきたような感じでいいですね。とは言いつつ、劇場で見ることもないだろうと今やっとDVD視聴ですから大きなことは言えません(笑)。

冒頭、いきなりバンデラスとペネロペの共演で、えっ、何だこの映画!?とびっくりしたのですが、カメオ出演で、本編の飛行機トラブルの原因づくりに使われていました。ラストまで見ても、何だったんだ、あれは!?って感じですが。

で、本編は、さすがアルモドバルで、えっ、何?ってことがさらりとやってのけられ、笑っていいのか、まじめに考えた方がいいのか(そんなことはあり得ない!)の連続で、見事に人間そのもの、人生そのものを茶化しておりました。

気づいてみれば、まるでお友達のように「アルモドバル」と呼び捨てにしています。

考えてみれば、「トーク・トゥ・ハー」とか「オール・アバウト・マイ・マザー」なんてシリアス系の方がちょっと気まぐれに作ったみたいなもので、こうした突き抜けたコメディー系がアルモドバルの本領なんでしょうね。

なんだか、初期の作品を見たくなりました。

ペドロ・アルモドバル DVD-BOX

ペドロ・アルモドバル DVD-BOX