読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

当サイトおすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20170211220222j:plain


たかが世界の終わり

監督:グザヴィエ・ドラン

グザヴィエ・ドラン、会話劇で新境地

>>

f:id:ausnichts:20170206201800j:plain


ショコラ 君がいて、僕がいる

監督:ロシュディ・ゼム

実在したフランスの道化コンビ「フティット&ショコラ」の友情、そして人種差別

>>

f:id:ausnichts:20161209174610j:plain


ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気

監督:ピーター・ソレット

エレン・ペイジのアップになるたびに涙が流れて…。もちろんジュリアン・ムーアもいいのですが。

>>

f:id:ausnichts:20161021170437j:plain


みかんの丘

ザザ・ウルシャゼ監督

この寓話的真実で争いがなくなることはないにしても、この寓話的真実を理解できなければとっくに世界は終わっている。

>>
最新記事

「白河夜船/若木信吾監督」なぜ、今この本を映画にとは思いますが、安藤サクラの映画と思ってみればそれなりに楽しめます

映画

「ああ、(私の知っている)吉本ばななの世界だ…」と思いますし、あの時代(1990年頃)の空気感はよく出ていると思います。

でも、正直つまらないです(笑)。

その大きな理由は、なぜ、今、この本を映画に?ですね。

浮き足だった時代背景があってこその、何ともとらえどころのない不安感でしょうし、こんなふわふわした感覚、この時代にリアリティはないでしょう。

そうしたことを置いておいても、寺子(安藤サクラ)の「眠り」がうまく描かれていないんじゃないでしょうか。見ていて眠くはなりますが(笑)、寺子が眠そうにはみえません。

永遠の眠りについたしおり(谷村美月)、植物人間となってしまった岩永の妻、そしてなぜだか「眠り」に誘われていく寺子の対比というか、関係をうまく描き切れていないようです。

でもまあ、安藤サクラの映画と思ってみればそれなりに楽しめます。

若木信吾監督は、もともとスチールの方なんでしょうか。そう思って見れば構図はそれっぽい感じはします。

それに、ピントが相当気になったんですが、あれは意図的なんでしょうか? クレジットに「ライカ」とありましたが、ライカにもキャノンのような動画の撮れる一眼レフでもあるのでしょうか?