読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

当サイトおすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20161209174610j:plain


ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気

監督:ピーター・ソレット

エレン・ペイジのアップになるたびに涙が流れて…。もちろんジュリアン・ムーアもいいのですが。

>>

f:id:ausnichts:20161021170437j:plain


みかんの丘

ザザ・ウルシャゼ監督

この寓話的真実で争いがなくなることはないにしても、この寓話的真実を理解できなければとっくに世界は終わっている。

>>

f:id:ausnichts:20160927203525j:plain


アスファルト

サミュエル・ベンシェトリ監督

人生あれやこれやいろいろあってもまだまだ捨てたものじゃないと気持ちが和らぎます

>>

f:id:ausnichts:20160908141530j:plain


ラサへの歩き方 祈りの2400km

チャン・ヤン監督

ただひたすら無心で五体投地、地にひれ伏し他者のために祈る人々が美しいです。

>>
最新記事

「ラブ・クライム 偽りの愛に溺れて/アラン・コルノー監督」ブライアン・デ・パルマ監督の「パッション」のオリジナルですが、なぜこれをリメイクしようとしたのか…?

DVD 映画

ブライアン・デ・パルマ監督の「パッション」のオリジナル版です。「パッション」が首をひねるような出来でしたのでオリジナルを見てみようと思っていたのですが、今となっては「パッション」自体をすっかり忘れてしまっています。

ラブ・クライム 偽りの愛に溺れて [DVD]

ラブ・クライム 偽りの愛に溺れて [DVD]

オリジナルもどうこう言うような映画ではありませんね。でもまあ、「パッション」よりはトーンが一貫していてまとまっていました。

まとまっていると言っても、所詮火サス的2時間ドラマなんですが、何とクリスティン・スコット・トーマスが出ているんでびっくりです。

それに、ラストは意外にも、余韻と言いますか、完璧なトリックだったのにある一人が知っているという、ある意味サスペンスものの定番でもある終り方をしていました。

[rakuten:bookoffonline:12742079:detail]