読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

当サイトおすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20170419165406j:plain


午後8時の訪問者

監督:ジャン=ピエール・ダルデンヌ&リュック・ダルデンヌ

(ネタバレ)ダルデンヌ兄弟、相変わらず隙がなく完璧!

>>

f:id:ausnichts:20170317150742j:plain


パリ、恋人たちの影

監督:フィリップ・ガレル

(ほぼネタバレ)恋に悩む男女におすすめ、大人になるために。

>>

f:id:ausnichts:20170307095739j:plain


ブラインド・マッサージ

監督:ロウ・イエ

(完全ネタバレ)これに金熊を与えなかった審査員が信じられない!

>>

f:id:ausnichts:20170211220222j:plain


たかが世界の終わり

監督:グザヴィエ・ドラン

グザヴィエ・ドラン、会話劇で新境地

>>
最新記事

「まほろ駅前多田便利軒/大森立嗣監督」テーマが一本調子すぎるかな…

DVD 映画

いい映画だと思って見ればいい映画ですが、DVDでは集中力持続できずというところです。

[rakuten:guruguru2:10818106:detail]
それに、登場人物の抱える問題が一貫して親子関係というのも、これは原作がそうなのか、大森監督の問題意識なのか、さすがにもういいですと言いたくなります(笑)。「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」もそういうところがありましたから、大森監督の指向なんでしょう。

原作を読んでみることにしましょう。

一風変わったキャラばかりというのは多くの日本映画の特徴ですが、この映画ではさほど気にはならず、行天を演っている松田龍平とやくざ?の星の高良健吾は結構いい感じでした。高良健吾にこんな役が合うとは思ってもみませんでしたが、メガネも似合ってぴったりでした。このキャラもシリーズで登場するんでしょうかね? もうちょっと見てみたい感じでした。

まほろ駅前狂騒曲」

Blu-ray、DVDは4月15日のようです。

まほろ駅前番外地」はTVドラマだけですか?