そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

当サイトおすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20170816183630j:plain


ブランカとギター弾き

監督:長谷井宏紀

(ネタバレ)映画はシンプルなのに物語は深い

>>

f:id:ausnichts:20170627135431j:plain


残像

監督:アンジェイ・ワイダ

アンジェイ・ワイダ監督の遺作、心に残る映画です!

>>

f:id:ausnichts:20170419165406j:plain


午後8時の訪問者

監督:ジャン=ピエール・ダルデンヌ&リュック・ダルデンヌ

(ネタバレ)ダルデンヌ兄弟、相変わらず隙がなく完璧!

>>

f:id:ausnichts:20170317150742j:plain


パリ、恋人たちの影

監督:フィリップ・ガレル

(ほぼネタバレ)恋に悩む男女におすすめ、大人になるために。

>>
最新記事

「あの頃、君を追いかけた/ギデンズ・コー監督」独特のカラッとした切なさとセンスのいい笑い、台湾の青春ものは性に合います

なぜか台湾の青春ものは性に合います。

あの頃、君を追いかけた[Blu-ray]

あの頃、君を追いかけた[Blu-ray]

台湾の西海岸ちょうど真ん中くらいにある町、彰化。その町の私立高校に通う男女7人の約10年間、高校から大学、そして社会人へと成長していく姿が描かれます。いや、成長する姿は描かれていないかも(笑)。

コートン(クー・チェンドン)とチアイー(ミシェル・チェン)二人の友情とも恋愛ともつかない、それがいいんですが、そうした関係を軸に、まあ「青春」としか言いようのないが描かれます。

1994年、コートン(クー・チェンドン)は、台湾の地方都市の彰化で中高一貫の高校に通っていた。彼は同じクラスの親友ボーチ(イエン・ションユー)、アハ(スティーブン・ハオ)、グオション(ジュアン・ハオチュエン)、マタカキ(ツァイ・チャンシエン)らとつるんでふざけてばかり。五人は、クラスのマドンナ・チアイー(ミシェル・チェン)に夢中で……。(シネマトゥデイ

結局、ひかれるのはノスタルジーでしょうかね。何とは言えないのですが独特のカラッとした切なさがいいんですね。それに、この映画のラストシーンのようなセンスのいい笑いも素敵です。

チアイーを演っているミシェル・チェン、可愛いですね。どことなく前田敦子に似ている感じです。

行きたいと思いつつ、未だ行けていない台湾です。
南風
海角七号- 君想う、国境の南 -
セデック・バレ
などなど。