読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

当サイトおすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20161209174610j:plain


ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気

監督:ピーター・ソレット

エレン・ペイジのアップになるたびに涙が流れて…。もちろんジュリアン・ムーアもいいのですが。

>>

f:id:ausnichts:20161021170437j:plain


みかんの丘

ザザ・ウルシャゼ監督

この寓話的真実で争いがなくなることはないにしても、この寓話的真実を理解できなければとっくに世界は終わっている。

>>

f:id:ausnichts:20160927203525j:plain


アスファルト

サミュエル・ベンシェトリ監督

人生あれやこれやいろいろあってもまだまだ捨てたものじゃないと気持ちが和らぎます

>>

f:id:ausnichts:20160908141530j:plain


ラサへの歩き方 祈りの2400km

チャン・ヤン監督

ただひたすら無心で五体投地、地にひれ伏し他者のために祈る人々が美しいです。

>>
最新記事

「トランスポーター/カミーユ・ドゥラマーレ監督」見終わって何も残らない爽快さはリュック・ベッソン・アクションでしか味わえない!

映画

「トランスポーター」のフランク・マーティンが、ジェイソン・ステイサムからエド・スクレインという人に変わってしまいました。

監督も「96時間」などの編集をやっていたというカミーユ・ドゥラマーレ監督という方に変わりました。

アクションものはほとんど見ないのですが、リュック・ベッソンだけは別で、「サブウェイ」以来のファンで、結構楽しみにしている映画です。

f:id:ausnichts:20151103190505j:plain

プロの運び屋、依頼品はいつもワケあり。
1.名前は聞かない 
2.契約厳守     
3.依頼品は開けない
そのルールをひとつでも破れば、「死」。
3,000万人の日本人が熱狂する、あの天才運び屋が始動する!

主演を変えての新作は、フランク・マーティンが随分身近になった感じです。ジェイソン・ステイサムの持っていたストイックさが影を潜め、フランクの父親まで登場し、親子の熱い愛情も加味され、随分人間的になりました。女性への対し方もかなり一般人(?)ぽくなりました。

2,3作作られるうちに新しいジェイソン・ステイサム像が作られていくのでしょう。

全体としてはこれというところはないのですが(笑)、編集からスタートしているというカミーユ・ドゥラマーレ監督の力が遺憾なく発揮されています。アクションシーンは見応えはあります。

まあ、こういう映画にストーリーや細部でツッコミを入れても仕方ありませんが、それにしてもちょっとばかり「悪役」に新鮮さがないのが気になります。もう少し違ったパターンの「悪」を考えてくださいね(笑)。それに、運び屋としてのスペシャルなシーンも少なかったです。

同じアクションでも、ハリウッドは決して「正義」や「倫理」という概念を捨てることはありませんが、リュック・ベッソン的アクションにはそうしたところがなく、とにかく突き抜けており、何も残らない(笑)爽快さが魅力なんです。

シリーズ物のレベルを保っていくのも大変でしょうが、「96時間」や、もうなくなったのかなの「TAXi」とともに楽しみしている映画ですので、続けてくださいね、リュック!