そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

当サイトおすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20170918200754j:plain


あさがくるまえに

監督:カテル・キレヴェレ

(ネタバレしても問題ない)のでよく知って見るべし。シンプルなのに情感豊か。

>>

f:id:ausnichts:20170816183630j:plain


ブランカとギター弾き

監督:長谷井宏紀

(ネタバレ)映画はシンプルなのに物語は深い

>>

f:id:ausnichts:20170627135431j:plain


残像

監督:アンジェイ・ワイダ

アンジェイ・ワイダ監督の遺作、心に残る映画です!

>>

f:id:ausnichts:20170419165406j:plain


午後8時の訪問者

監督:ジャン=ピエール・ダルデンヌ&リュック・ダルデンヌ

(ネタバレ)ダルデンヌ兄弟、相変わらず隙がなく完璧!

>>
最新記事

「フランシス・ハ/ノア・バームバック監督」フランシスの振り付けたダンス、とてもシャープとは言えない動きと人の密集感がとても良く、なぜかうるっとした

私は、基本、ネタバレお構いなしですが、この不思議なタイトル「フランシス・ハ」の意味は映画を見て知った方がいいですね。別にネタというわけではないのですが、作り手のセンスの象徴のようなタイトルです。

モノクロで撮っているのも同じような意味で、カラーで撮っても何か本質的なものが損なわれるわけではないのでしょうが、これが監督を含めこの映画を作っている人たちのセンスだと思います。

音楽もそうですね。デヴィッド・ボウイの「Modern Love」が2回かな、エンドロール入れると3回かな、うまい具合に使われていましたし、その他、耳にしたことのある曲がたくさん使われていました。

ニューヨーク・ブルックリンで親友ソフィーとルームシェアをして、楽しい毎日を送る27歳の見習いモダンダンサー、フランシス。ところが、ダンサーとしてもなかなか芽が出ず、彼氏と別れて間もなく、ソフィーとの同居も解消となり、自分の居場所を探してニューヨーク中を転々とするはめに!さらには、故郷サクラメントへ帰省、パリへ弾丸旅行、母校の寮でバイトと、あっちこっちへ行ったり来たり。周りの友人たちが落ち着いてきていることに焦りを覚え、自分の人生を見つめ直し、もがいて壁にぶつかりながらも前向きに歩き出そうとするフランシス。(公式サイト

字幕が結構苦労して訳されていたように思いますが、会話やそのリアクションがとても面白いです。

フランシス(グレタ・ガーウィグ)がいいですね。相手のことを考えすぎるのか、つい余計なことを言ったり、受けないジョークを飛ばしたり、グレタ・ガーウィグ自身が脚本に加わっているようですし、プライベートでもノア・バームバック監督のパートナーとの話もあるようで、リラックスして自由に演じています。ダンサー志望でありながら、大柄で、どこか不器用そうな感じが、その後の展開をリアリティあるものにしていますし、地なのか演技なのか、歩き方がフランシスをよく現していました。

結局、ダンサーをあきらめ、ダンスカンパニーの事務仕事をしながらコレオグラファーの道にすすみ、ラスト近くに自ら振り付けたステージがあるのですが、そのダンスも、狭い空間にぶつかりそうなくらいたくさんのダンサーを入れて、人と人との関係をテーマにしているようで、とてもシャープとは言えない動きと人の密集感がとても良かったです。ダンス好きということもあるのですが、なぜこんなところでと思いつつも、ちょっとうるっとしたのでした。

そうそう、親友のソフィーを演じていたミッキー・サムナーさん、スティングの娘なんですってね。

アメリカ映画にしてはとてもオシャレな映画でした(笑)。