そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

当サイトおすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20170816183630j:plain


ブランカとギター弾き

監督:長谷井宏紀

(ネタバレ)映画はシンプルなのに物語は深い

>>

f:id:ausnichts:20170627135431j:plain


残像

監督:アンジェイ・ワイダ

アンジェイ・ワイダ監督の遺作、心に残る映画です!

>>

f:id:ausnichts:20170419165406j:plain


午後8時の訪問者

監督:ジャン=ピエール・ダルデンヌ&リュック・ダルデンヌ

(ネタバレ)ダルデンヌ兄弟、相変わらず隙がなく完璧!

>>

f:id:ausnichts:20170317150742j:plain


パリ、恋人たちの影

監督:フィリップ・ガレル

(ほぼネタバレ)恋に悩む男女におすすめ、大人になるために。

>>
最新記事

「ローマの教室で〜我らの佳き日々〜/ジュゼッペ・ピッチョーニ監督」お勧め!3人の先生が出会う3人の生徒との3つの物語ともうひとつルーマニア移民の生徒の物語

同じイタリア映画、それも同じくローマを舞台にしているのですが、こちらは「グレート・ビューティー」とは正反対(といっていいでしょう)のとても良い映画でした(笑)。単に好みの問題ですのでツッコミなしで。

先生も生徒も、皆まじめでいい人ばかりというのがちょっとばかり気にはなりますが、それぞれ個々人の出来事としては大きなことではあっても、ドラマとしては大したこともおきず、ちょっとした出来事が丁寧に描かれ(とらえられ)、人と人との関係が軸となって物語が進んでいきます。

ローマの公立高校。
校長をつとめるジュリアーナマルゲリータ・ブイ)は、「教師は学校内の教育だけすればいい」という考えの持ち主だ。二学期に入り、「生徒にやる気を起こさせる!」という若き熱血漢ジョヴァンニ(リッカルド・スカマルチョ)が国語の補助教員としてやってくる。ジョヴァンニとは逆に、教育への情熱を失い「生徒はみんな頭が空っぽ」と嘆く美術史の老教師フィオリート(ロベルト・エルリツカ)は、他の教員とも交流を持たずに孤立していた(公式サイト

と、ストーリーのさわりを引用しましたが、校長ジュリアーナはそんな割り切った考えを持っているわけではなく、管理職のつらさみたいなところは最初から最後まで変わらずありますし、ジョヴァンニも熱血漢なんて書かれますと、金八先生GTO(どちらも見たことありませんので適当ですが…)など日本の学園ドラマをイメージされてしまいますが、全く違いますのでご注意ください。フィオリートも孤立というのは間違いではありませんが、我が道を行くそのもので、とても楽しい先生です。

といった3人の先生が出会う3人の生徒との3つの物語ともうひとつルーマニア移民の生徒の物語が、うまい具合に絡み合って進んでいきます。

ドラマというのは、ある意味、起承転結や序破急(三幕もの)といったモデルがあるように「答」を出すことによって生まれるという傾向を持っていますが、この映画、それぞれのエピソードにそうしたモデルが使われているとしても、全体としては、それでも人生は続くみたいなところがあります。こういう映画は好きですね。

名古屋での上映は終わるようですが、まだまだ各地を回るようですので、是非見ていただきたいと思います。
公開情報