読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

当サイトおすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20170317150742j:plain


パリ、恋人たちの影

監督:フィリップ・ガレル

(ほぼネタバレ)恋に悩む男女におすすめ、大人になるために。

>>

f:id:ausnichts:20170307095739j:plain


ブラインド・マッサージ

監督:ロウ・イエ

(完全ネタバレ)これに金熊を与えなかった審査員が信じられない!

>>

f:id:ausnichts:20170211220222j:plain


たかが世界の終わり

監督:グザヴィエ・ドラン

グザヴィエ・ドラン、会話劇で新境地

>>

f:id:ausnichts:20170206201800j:plain


ショコラ 君がいて、僕がいる

監督:ロシュディ・ゼム

実在したフランスの道化コンビ「フティット&ショコラ」の友情、そして人種差別

>>
最新記事

「ルーシー/リュック・ベッソン監督」どうしちまった!? リュック・ベッソン!と、思わず声も出そうなくらいのビックリ映画でした。

映画

どうしちまった!? リュック・ベッソン!と、思わず声も出そうなくらいのビックリ映画でした。

リュック・ベッソン監督に理屈をこねさせてはいけないとあらためて感じさせる映画でした(笑)。理屈をこねていいのはテレンス・マリック監督ぐらいでしょう。というよりも、そもそも映画がマジで理屈を語ろうとするなんてタブーだと私は思います。

それにしても不思議な映画です。リュック・ベッソン監督が、この手の映画を、女性のスター俳優を使って、それもオリジナル脚本で撮ろうなんて思うこと自体が考えにくい(と私は思う)です。何か理由があるんでしょうね。