読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

当サイトおすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20161209174610j:plain


ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気

監督:ピーター・ソレット

エレン・ペイジのアップになるたびに涙が流れて…。もちろんジュリアン・ムーアもいいのですが。

>>

f:id:ausnichts:20161021170437j:plain


みかんの丘

ザザ・ウルシャゼ監督

この寓話的真実で争いがなくなることはないにしても、この寓話的真実を理解できなければとっくに世界は終わっている。

>>

f:id:ausnichts:20160927203525j:plain


アスファルト

サミュエル・ベンシェトリ監督

人生あれやこれやいろいろあってもまだまだ捨てたものじゃないと気持ちが和らぎます

>>

f:id:ausnichts:20160908141530j:plain


ラサへの歩き方 祈りの2400km

チャン・ヤン監督

ただひたすら無心で五体投地、地にひれ伏し他者のために祈る人々が美しいです。

>>
最新記事

「グランド・ブダペスト・ホテル/ウェス・アンダーソン監督」シンメトリーの構図、色彩感覚、編集のリズム、強調される移動感、全てがウェス・アンダーソン監督の手の中

映画

残念ながら、(私は)集中力を欠いて、全く楽しめなかったです。こうした映画に自分のリズムが合わなくなってきているのはとても残念ですが。

でも、映画としての凄さは感じます。

まず、その豪華なキャストに驚きます。キャスティングは監督の意思だけというわけではないでしょうが、主役級をちょっとした役で(ヘンな言い回しですが)惜しげもなく使うなんて、そうできることではありません。ちょい役ではあっても、その多くが役のキャラを強調された作りになっていますので、なぜこんな役にという感じは全くなく、非常におさまりはいいです。

映画の作りも明解です。シンメトリーの構図、色彩感覚、編集のリズム、強調される移動感、全てがウェス・アンダーソン監督の手の中にあるという感じがします。