そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

当サイトおすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20170419165406j:plain


午後8時の訪問者

監督:ジャン=ピエール・ダルデンヌ&リュック・ダルデンヌ

(ネタバレ)ダルデンヌ兄弟、相変わらず隙がなく完璧!

>>

f:id:ausnichts:20170317150742j:plain


パリ、恋人たちの影

監督:フィリップ・ガレル

(ほぼネタバレ)恋に悩む男女におすすめ、大人になるために。

>>

f:id:ausnichts:20170307095739j:plain


ブラインド・マッサージ

監督:ロウ・イエ

(完全ネタバレ)これに金熊を与えなかった審査員が信じられない!

>>

f:id:ausnichts:20170211220222j:plain


たかが世界の終わり

監督:グザヴィエ・ドラン

グザヴィエ・ドラン、会話劇で新境地

>>
最新記事

「セインツ 約束の果て/デヴィッド・ロウリー監督」雰囲気としては「俺たちに明日はない」などアメリカン・ニューシネマ的と言えなくもないのですが…

「悲劇的な愛」なんていうコピーに非常に弱い私としては、見逃すわけにはいきません(笑)。と、出掛けたのですが…。

いや、全くその通りの映画ではありました。

荒涼としたテキサスの大地に生きる男女の罪を
壮大な映像美で綴った悲劇的な愛の物語。
舞台は1970年代のテキサス。窃盗・強盗を繰り返す一組のカップル、ボブ・マルドゥーン(ケイシー・アフレック)とルース・ガスリー(ルーニー・マーラ)。ルースの体に新しい命が芽生えたことをきっかけに、この強盗を最後に真っ当な人生を歩もうとしていた二人だったが、ついに警察に逮捕されてしまう。ルースの身代わりに刑務所行きになったボブは、ルースが娘を出産したことを知り、まだ見ぬ娘に会うため脱獄を企てる。警察からも追われ、その上、かつて裏切り決別した組織からも追われるボブ、ボブを待ちながら大事な娘をひとり育てるルース、陰でルースを見守りひそかな恋心を抱く地元保安官パトリック(ベン・フォスター)。3人のそれぞれの想いが交錯する時、美しくも切ない結末が待っていた…。(公式サイト

ただ、さすがに感情移入するには、私の年齢が問題なのか、映画に何かが足りないのか、ちょっとばかり無理がありました。

映画の雰囲気としては、「俺たちに明日はない」や、何でしたか、他にも逃避行ものがあったように思いますが、そうしたアメリカン・ニューシネマ的な映画と言えなくもないのですが、さすがにボブにもルースにも何かに抗おうとする行動的な実存が感じられなく、どちらかというと非常に冷めた、大人の行動パターンを感じさせる映画でした。

まあ、時代が成熟(?)しちゃってますから、当然なんですが。

それでも、出だしはテンポも切れもよい編集で期待を持たせ、夕陽っぽい茶褐色の色調でクラシカルな雰囲気を出そうと、全体としては悪くない印象でした。

デヴィッド・ロウリー監督はいくつなんだろうと調べていましたら、やはり、インタビューで「ロバート・アルトマンの映画『ギャンブラー』やテレンス・マリックの『地獄の逃避行』などの70年代の映画が好きだからでもあるだろう(シネマトゥデイ)」と語っていますね。ああ、年齢は32歳のようです。

セインツ ―約束の果て―  Blu-ray

セインツ ―約束の果て― Blu-ray