読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

当サイトおすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20170317150742j:plain


パリ、恋人たちの影

監督:フィリップ・ガレル

(ほぼネタバレ)恋に悩む男女におすすめ、大人になるために。

>>

f:id:ausnichts:20170307095739j:plain


ブラインド・マッサージ

監督:ロウ・イエ

(完全ネタバレ)これに金熊を与えなかった審査員が信じられない!

>>

f:id:ausnichts:20170211220222j:plain


たかが世界の終わり

監督:グザヴィエ・ドラン

グザヴィエ・ドラン、会話劇で新境地

>>

f:id:ausnichts:20170206201800j:plain


ショコラ 君がいて、僕がいる

監督:ロシュディ・ゼム

実在したフランスの道化コンビ「フティット&ショコラ」の友情、そして人種差別

>>
最新記事

「マイ・マザー/グザヴィエ・ドラン監督」壁に絵画を並べた前に人物、あるいは絵画的な背景の前に人物、この構図が好きなんですね

映画

わたしはロランス」グザヴィエ・ドラン監督のデビュー作です。この「わたしはロランス」は、先週参加した「映コン(シアターカフェ)」で、2013ベストテンに入れた結構評価の高い映画です。

そして、この「マイ・マザー」、これを19歳で撮ったんですか! それに主演ですよ! すごいの一言ですね。

俳優としても魅力的ですし、映像センスも自分のものを持っているようですし、監督としても、すでに「わたしはロランス」で証明されているわけですから、これからどんな映画を撮っていくのか、どう変わっていくのか、とても楽しみです。

ロランスの恋人フレッドをやっていたスザンヌ・クレマンさんが先生役で出ていました。可愛いですね。1968年生れ? ってことは46歳ですか、可愛いは失礼かも知れません。もっと若く見えますが…。