読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

当サイトおすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20170211220222j:plain


たかが世界の終わり

監督:グザヴィエ・ドラン

グザヴィエ・ドラン、会話劇で新境地

>>

f:id:ausnichts:20170206201800j:plain


ショコラ 君がいて、僕がいる

監督:ロシュディ・ゼム

実在したフランスの道化コンビ「フティット&ショコラ」の友情、そして人種差別

>>

f:id:ausnichts:20161209174610j:plain


ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気

監督:ピーター・ソレット

エレン・ペイジのアップになるたびに涙が流れて…。もちろんジュリアン・ムーアもいいのですが。

>>

f:id:ausnichts:20161021170437j:plain


みかんの丘

ザザ・ウルシャゼ監督

この寓話的真実で争いがなくなることはないにしても、この寓話的真実を理解できなければとっくに世界は終わっている。

>>
最新記事

「母の身終い/ステファヌ・ブリゼ監督」静かに始まり、静かに終わるといった感じです。自らの最期もそうありたいものですが…

映画

ステファヌ・ブリゼ監督は、「自殺幇助はこの映画の主題ではありません」と語っている(プレスリリースなのか出所が分からない)らしいですが、自殺幇助のインパクトからして、そう捉えるのはかなり難しい映画です。

自殺幇助自体が合法というのは、オランダやベルギーもそうらしいのですが、スイスには、外国人も受け入れている自殺幇助団体があるようです。「ディグニタス」、これですね。

映画は、静かに始まり、静かに終わるといった感じです。

「魔が差した」と本人は語っていましたが、ヤバイもの(麻薬だったと思う)を運んだ罪で18ヶ月服役していたトラック運転手アラン(ヴァンサン・ランドン)は、出所後、母の元に身を寄せて、やり直そうとしていますが、思うような仕事に就けず、また、偶然出会った女性と恋に落ちますが、服役していたことをうまく告げられず、別れることになってしまいます。

母イヴェット(エレーヌ・ヴァンサン)は、息子が犯罪者になったことが整理できないのか、またかなりの潔癖症のようで、ちょっとした日々の生活にも、二人の言い争いは絶えません。

イヴェットは、悪性の腫瘍が脳に転移し、いずれ「自分を失う」ことを知り、その時が来たら、自ら命を絶つことを決意して、上記の団体と契約しています。映画の中頃で、アランは偶然そのことを知るわけですが、母とは言え、自由な個々人の決断を尊重しているということなのか、取り立てて強く反対する描写はありません。

ということで、後半、「自分を失う」時期が近いと知ったイヴェットは、見た目全く元気なんですが、その決断をし、アランと共にスイスの最期の場所となる家に向かいます。映画では、その場所は個人の家のような作りになっており、ひとりの女性が迎えて、まず、リビングのようなところで最初の薬(吐いたりしないようにでしたか…何の薬か忘れました)を渡し(飲ませ)、その後寝室のベッドのようなところで、最期の薬(ペントバルビタールらしい?)を渡します。もちろん、本人の意思で飲むわけです。

映画とはいえ、このシーンを見ているのは結構きついですね。

映画は、イヴェットの選択を良いとも悪いとも、またアランに母親の選択に対して何かを語らせたり、大げさに感情をさらけ出させたりは全くさせず、静かに終わっていきます。

そうしたつくりには好感を持ちますが、やはり、親子の関係の物語というより、安楽死、自殺幇助が際だつ映画のように思います。