読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

当サイトおすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20170419165406j:plain


午後8時の訪問者

監督:ジャン=ピエール・ダルデンヌ&リュック・ダルデンヌ

(ネタバレ)ダルデンヌ兄弟、相変わらず隙がなく完璧!

>>

f:id:ausnichts:20170317150742j:plain


パリ、恋人たちの影

監督:フィリップ・ガレル

(ほぼネタバレ)恋に悩む男女におすすめ、大人になるために。

>>

f:id:ausnichts:20170307095739j:plain


ブラインド・マッサージ

監督:ロウ・イエ

(完全ネタバレ)これに金熊を与えなかった審査員が信じられない!

>>

f:id:ausnichts:20170211220222j:plain


たかが世界の終わり

監督:グザヴィエ・ドラン

グザヴィエ・ドラン、会話劇で新境地

>>
最新記事

「グランド・マスター/ウォン・カーウァイ監督」チャン・ツィイー、美しいし、かっこいいです!

映画

ウォン・カーウァイ監督じゃなければ、怒ってました(笑)。それにしても、チャン・ツィイー、美しいし、かっこいいです! チャン・ツィイーを見にいったと思えば、映画のひどさ(笑)をおいても、まあ納得できるでしょう。

徹底したクローズアップ、スローモーション、スチル写真のような構成美、そうしたこれまであまり使ってこなかった(多分)映像美を極めようとしたのでしょう。確かに極めていました、くどいくらいに。

まあ、分かってやっているのでしょうから、いいのでしょうが、いくら何でも飽きますよ。

とは言っても、ところどころに、ウォン・カーウァイ監督らしい、たとえば、イップマン(トニー・レオン)とルオメイ(チャン・ツィイー)が始めて手合わせするシーンに、二人のかすかな好意を漂わせ、キスシーンと見紛うばかりのカットを入れたりと、そんなところは相変わらず少年だなと感じた映画です。