読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

当サイトおすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20170317150742j:plain


パリ、恋人たちの影

監督:フィリップ・ガレル

(ほぼネタバレ)恋に悩む男女におすすめ、大人になるために。

>>

f:id:ausnichts:20170307095739j:plain


ブラインド・マッサージ

監督:ロウ・イエ

(完全ネタバレ)これに金熊を与えなかった審査員が信じられない!

>>

f:id:ausnichts:20170211220222j:plain


たかが世界の終わり

監督:グザヴィエ・ドラン

グザヴィエ・ドラン、会話劇で新境地

>>

f:id:ausnichts:20170206201800j:plain


ショコラ 君がいて、僕がいる

監督:ロシュディ・ゼム

実在したフランスの道化コンビ「フティット&ショコラ」の友情、そして人種差別

>>
最新記事

「砂漠でサーモン・フィッシング/ラッセ・ハルストレム監督」ギルバート・グレイプ、サイダーハウス・ルール、ショコラ…、えっ!? この映画も同じ監督?

映画

特に期待したわけではありませんが、ラッセ・ハルストレム監督にユアン・マクレガーと来た日にゃ見るべきでしょうと出掛けたのですが、「なんだこりゃ!?」と思わず笑ってしまいました。

砂漠の国イエメンで、鮭釣りがしたい──そんなバカげた仕事を依頼された水産学者のジョーンズ博士(ユアン・マクレガー)。持ち込んだのはイエメンの大富豪の代理人、コンサルタントのハリエットエミリー・ブラント)。不可能!と一蹴したものの、英国外務省も中東との緊張緩和のために支援を決定、首相まで巻き込んで荒唐無稽な企画が立派な国家プロジェクトに急展開!果たして、マトモな大人ならとっくに諦める、ムチャな夢物語の行方は──?(公式サイト

…なんて話からして多くを期待したわけではありませんが、それにしてもオーソドックスすぎるというか、生真面目というか、今どきこれはさすがに陳腐でしょう。

コメディにしようかヒューマンドラマにしようか迷ったんでしょうか? 始まって30分ほどは、内容はともかくコメディタッチでテンポもあって結構見られたんですが、ジョーンズと妻の間のすきま風やハリエットの恋人がアフガンで行方不明なんて話が出始めてからは、いきなりテンポが落ちてもう見ていられません。

それにアラブの富豪の人物像は、何だか子供のころに見たテレビドラマに出てくるようなどこかの国の王様みたいな、とてもいい人で、それも外国の王様なのに日本人がやっているみたいなキャラクターで、ホントに笑ってしまいました。その意味では成功なのかな(笑)?

ん? ひょっとして、それを狙ったのに俳優が突き抜けられずに中途半端になった? それはあるかも…。

そうですね、ユアン・マクレガーの軽い演技はまあよかったですし、イギリスの首相の広報担当をやっていたクリスティン・スコット・トーマスなんて「ずっとあなたを愛してる」や「サラの鍵」に出ていたなんて思えないほどはじけていました。ああ、エミリー・ブラントは残念ながらミスキャストですね。

まあ何はともかく、たまにはこういう映画も良いもんです(笑)。