読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

当サイトおすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20161209174610j:plain


ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気

監督:ピーター・ソレット

エレン・ペイジのアップになるたびに涙が流れて…。もちろんジュリアン・ムーアもいいのですが。

>>

f:id:ausnichts:20161021170437j:plain


みかんの丘

ザザ・ウルシャゼ監督

この寓話的真実で争いがなくなることはないにしても、この寓話的真実を理解できなければとっくに世界は終わっている。

>>

f:id:ausnichts:20160927203525j:plain


アスファルト

サミュエル・ベンシェトリ監督

人生あれやこれやいろいろあってもまだまだ捨てたものじゃないと気持ちが和らぎます

>>

f:id:ausnichts:20160908141530j:plain


ラサへの歩き方 祈りの2400km

チャン・ヤン監督

ただひたすら無心で五体投地、地にひれ伏し他者のために祈る人々が美しいです。

>>
最新記事

No.25/2012.6.16〜NAGOYA版今週見たい映画、見るかもしれない映画

映画

ジェーン・エア
TOHOシネマズ/09:45 12:15
映画『ジェーン・エア』公式サイト

19世紀に活躍した女流作家、シャーロット・ブロンテの代表作を映画化したドラマ。過酷な運命にさらされながらも、持ち前の知性と慈愛に満ちた精神でたくましく生き抜いていく女性の姿を、繊細なタッチで紡いでいく。『アリス・イン・ワンダーランド』で注目されたミア・ワシコウスカが、不幸な境遇をものともせぬ力強いヒロインを好演している。『SHAME -シェイム-』のマイケル・ファスべンダー、『恋におちたシェイクスピア』のジュディ・デンチら、若手実力派やベテランをそろえた共演陣も見ものだ。監督は『闇の列車、光の旅』の新鋭、キャリー・ジョージ・フクナガ。(映画『ジェーン・エア』 - シネマトゥデイ)

ファウスト
シネマテーク/12:30 17:00‎
巨匠アレクサンドル・ソクーロフ監督作『ファウスト』オフィシャルホームページ

『太陽』などのロシアの巨匠アレクサンドル・ソクーロフが監督を務め、ドイツの文豪ゲーテの傑作「ファウスト」を映画化。19世紀のドイツを舞台に、高名な研究者と高利貸の出会いによって狂い始める運命の行方を圧倒的な映像美で描き切る。主人公を演じるのはドイツ出身のヨハネス・ツァイラー。ダンサーでもあるアントン・アダシンスキーが高利貸を熱演。第68回ベネチア国際映画祭金獅子賞受賞の重厚な物語に引き込まれる。(映画『ファウスト』 - シネマトゥデイ)

■孤島の王
名演/‎12:20 14:35 16:50 19:05‎
http://www.alcine-terran.com/kotou/

世界有数の福祉国家として知られるノルウェーに存在する監獄島、バストイ島で20世紀初頭に起きたとされる暴動を映画化した実録サスペンス。絶海の孤島に送られた非行少年たちを更生させる施設を舞台に、そこに収容された少年たちの過酷な生活と彼らが起こした壮絶な反乱劇を描く。ノルウェーの俊英マリウス・ホルスト監督が、抑圧された少年たちの心情をリアルに活写。島を支配する院長を、北欧きっての名優ステラン・スカルスガルドが怪演する。(映画『孤島の王』 - シネマトゥデイ)