そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

当サイトおすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20170419165406j:plain


午後8時の訪問者

監督:ジャン=ピエール・ダルデンヌ&リュック・ダルデンヌ

(ネタバレ)ダルデンヌ兄弟、相変わらず隙がなく完璧!

>>

f:id:ausnichts:20170317150742j:plain


パリ、恋人たちの影

監督:フィリップ・ガレル

(ほぼネタバレ)恋に悩む男女におすすめ、大人になるために。

>>

f:id:ausnichts:20170307095739j:plain


ブラインド・マッサージ

監督:ロウ・イエ

(完全ネタバレ)これに金熊を与えなかった審査員が信じられない!

>>

f:id:ausnichts:20170211220222j:plain


たかが世界の終わり

監督:グザヴィエ・ドラン

グザヴィエ・ドラン、会話劇で新境地

>>
最新記事

No.15/2012.4.7〜NAGOYA版今週見たい映画、見るかもしれない映画

こんなに見られるか?スケジュールを組まねば…。

■アーティスト
ミリオン座他/‎10:30 12:30 14:30 16:30 18:30 20:30
映画『アーティスト』公式サイト || 大ヒット上映中!!

サイレントからトーキーへと移り変わるころのハリウッドを舞台に、スター俳優の葛藤(かっとう)と愛を美しいモノクロ映像でつづるサイレント映画。フランスのミシェル・アザナヴィシウス監督がメガホンを取り、ヨーロッパのみならずアメリカの映画賞をも席巻。芸術家(アーティスト)であることに誇りをもち、時代の変化の波に乗れずに凋落(ちょうらく)してしまうスターを演じるのは、『OSS 117 私を愛したカフェオーレ』のジャン・デュジャルダン。ほかに、ジョン・グッドマンなどのハリウッドの名脇役が出演。サイレントの傑作の数々へのオマージュが映画ファンの心をくすぐり、シンプルでロマンチックなラブストーリーも感動を誘う。(映画『アーティスト』 - シネマトゥデイ)

■昼下がり、ローマの恋
名演/10:40 13:05
映画は20世紀に大きく発展

『イタリア的、恋愛マニュアル』からスタートした、ジョヴァンニ・ヴェロネージ監督がイタリアの男女の恋模様を描く恋愛オムニバスドラマの第3弾。ハリウッドきっての名優、ロバート・デ・ニーロが、初めて本格的にイタリア映画に進出。ローマのとあるアパートに暮らす住人たちが繰り広げる三つのラブストーリーのひとつで、デ・ニーロはイタリアを代表する女優モニカ・ベルッチを相手に大人の恋を繰り広げる。恋によって人生を楽しく豊かに送るイタリア人の生き方に魅了される。(映画『昼下がり、ローマの恋』 - シネマトゥデイ)

KOTOKO
シネマスコーレ/10:30 12:15 14:00 17:20‎
酵素ダイエット人気ランキング掲載!やり方や体験談が満載!

シンガーソングライターとして熱狂的人気を誇るCoccoと、『鉄男』シリーズや『六月の蛇』などで国際的にも高い評価を得ている塚本晋也の鬼才二人がタッグを組んで放つドラマ。幼い息子を愛するあまりに精神のバランスを崩してしまったシングルマザーと、そんな彼女に対して狂おしくも真摯(しんし)な愛を注ぐ小説家の行く末を、鮮烈なタッチで映し出していく。生を感じようと自らの肉体を切りつけ、現実と虚構の間をさまよい続けるヒロインをCoccoが熱演。映画初主演とは思えない鬼気迫る演技と圧倒的存在感に、心をわしづかみにされる。(映画『KOTOKO』 - シネマトゥデイ)

ピナ・バウシュ 夢の教室
ミリオン座/‎15:10
映画『ピナ・バウシュ 夢の教室』公式サイト

舞踏家として著名なピナ・バウシュのもとにダンスを教わったことがない40人の若者たちが集まり、彼女の代表作「コンタクトホーフ」の舞台に立つまでを追ったドキュメンタリー。ピナの呼び掛けで集まった性格も家庭環境も異なる若者たちが、慣れないダンスに戸惑いながらも徐々に自らを解き放ち、目標に向かって成長していく姿を映し出す。ピナ自ら指導にあたる映像も収められ、彼女の創作の美学や信念をうかがい知ることができる。(映画『ピナ・バウシュ 夢の教室』 - シネマトゥデイ)

■東京プレイボーイクラブ
シネマテーク/12:30 18:20
東京プレイボーイクラブ

行き場をなくした者たちが集う場末のサロンを舞台に、そこへ流れ着いた男が巻き込まれるトラブルの行方を絶妙な映像センスで描いた異色バイオレンス。監督を務めるのは、2010年ゆうばり国際ファンタスティック映画祭ヤング・オフシアター・コンペティション部門でグランプリを受賞し、本作で劇場デビューを果たす期待の新人監督、奥田庸介。人気と実力を兼ね備えた大森南朋を主演に、数多くの映画やドラマで独特の存在感を放つ光石研、『色即ぜねれいしょん』の臼田あさ美ら個性的な面々が顔をそろえる。(映画『東京プレイボーイクラブ』 - シネマトゥデイ)

■マシンガン・プリーチャー
‎10:20‎
脇が臭い 対策

アフリカの紛争地で内戦に巻き込まれた子どもたちの救出に奔走する実在のアメリカ人活動家、サム・チルダースの半生を描いた人間ドラマ。監督は『チョコレート』『ネバーランド』のマーク・フォースター。武装ゲリラに誘拐された子どもたちを救い続ける元麻薬売人の主人公を、『300 <スリーハンドレッド>』のジェラルド・バトラーが熱演。そのほか『M:i:III』のミシェル・モナハン、『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』のマイケル・シャノンら実力派が共演する。(映画『マシンガン・プリーチャー』 - シネマトゥデイ)