そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

当サイトおすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20170627135431j:plain


残像

監督:アンジェイ・ワイダ

アンジェイ・ワイダ監督の遺作、心に残る映画です!

>>

f:id:ausnichts:20170419165406j:plain


午後8時の訪問者

監督:ジャン=ピエール・ダルデンヌ&リュック・ダルデンヌ

(ネタバレ)ダルデンヌ兄弟、相変わらず隙がなく完璧!

>>

f:id:ausnichts:20170317150742j:plain


パリ、恋人たちの影

監督:フィリップ・ガレル

(ほぼネタバレ)恋に悩む男女におすすめ、大人になるために。

>>

f:id:ausnichts:20170307095739j:plain


ブラインド・マッサージ

監督:ロウ・イエ

(完全ネタバレ)これに金熊を与えなかった審査員が信じられない!

>>
最新記事

「ドライヴ/ニコラス・ウィンディング・レフン監督」トランスポーター張りのカーアクションものかと思いきや、そうでもなく、許されぬ愛をからめたフィルム・ノワールものかと思いきや、やはりそうでもなく、マフィアものかと思いきや…

先週末、試写会で「ドライヴ」見てきました。公開が一週間後3/31ですので、ネタバレなどないよう注意深く書かなくてはいけないですね。

あらすじは

スタントマンと逃がし屋の二つの顔を持つドライバーの姿をクールに描き、欧米の評論家の称賛を浴びたクライム・サスペンス。昼と夜では別の世界に生きる孤独な男が、ある女性への愛のために危険な抗争へと突き進んでいく。メガホンを取ったデンマーク人監督ニコラス・ウィンディング・レフンは、本作で第64回カンヌ国際映画祭監督賞を受賞。『ブルーバレンタイン』のライアン・ゴズリングと、『17歳の肖像』のキャリー・マリガンの演技派が出演。緊迫感あふれるバイオレンスとフィルム・ノワールのような雰囲気、ジェットコースターのような展開から目が離せない。(映画『ドライヴ』 - シネマトゥデイ)

といった感じなんですが、ただ、この映画はストーリーで見ようとすると、多分あまり楽しめないでしょう。実際、中ほどまでは予想を裏切られること、必至です。当然ながら、ドラマってのは、こう来るならこうなるだろうという暗黙の了解というか、ある一定のパターンの上に成り立っていることが多く、それがあるからこそ安心して見られるわけですし、逆にそのパターンをちょっとずらせば、新鮮だの奇抜だのの評価が得られるわけです。

どうもこのニコラス・ウィンディング・レフン監督は、そのあたりを逆手にとってこの映画を作っている感が強く、中ほどまではなかなかすんなりとドラマの世界に気持ちよく浸るというわけには行きません。

しかし、安心してください。それら多くの疑問は、中ほど(何回目?)のあるシーンですべて氷解します。それを過ぎれば、もうラストシーンまで何の迷いもなく気持ちよく見られます。

「トランスポーター」張りのカーアクションものかと思いきや、そうでもなく、許されぬ愛をからめたフィルム・ノワールものかと思いきや、やはりそうでもなく、マフィアものかと思いきや、これまたそうでもなくといった具合に、次々に期待を裏切りながら、結局、おおこの映画はこれだったのか!と深く納得させられる、とても不思議な映画なのです(笑)。

この映画は、昨年のカンヌで「ツリー・オブ・ライフテレンス・マリック監督」「少年と自転車/ダルデンヌ兄弟監督」「メランコリアラース・フォン・トリアー監督」「アーティスト/ミシェル・アザナヴィシウス監督」など強豪ひしめく中、堂々の監督賞受賞という栄誉を勝ち取っています。

今後が期待のニコラス・ウィンディング・レフン監督です。かな?

それにしても、キャリー・マリガン、可愛いですね。ちょっと丸いかなという感じはしますが、「シェイム」ほどではありません。撮影の前後が分かりませんので、やせたのか? 太ったのか? あるいはあれは役作りだったのか?