そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

当サイトおすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20170627135431j:plain


残像

監督:アンジェイ・ワイダ

アンジェイ・ワイダ監督の遺作、心に残る映画です!

>>

f:id:ausnichts:20170419165406j:plain


午後8時の訪問者

監督:ジャン=ピエール・ダルデンヌ&リュック・ダルデンヌ

(ネタバレ)ダルデンヌ兄弟、相変わらず隙がなく完璧!

>>

f:id:ausnichts:20170317150742j:plain


パリ、恋人たちの影

監督:フィリップ・ガレル

(ほぼネタバレ)恋に悩む男女におすすめ、大人になるために。

>>

f:id:ausnichts:20170307095739j:plain


ブラインド・マッサージ

監督:ロウ・イエ

(完全ネタバレ)これに金熊を与えなかった審査員が信じられない!

>>
最新記事

No.4/2012.1.21〜NAGOYA版今週見たい映画、見るかもしれない映画

サルトルボーヴォワール 哲学と愛
名演/‎10:00 14:25 18:50
tetsugakutoai.com

実存主義」を広め、世界中の若者に多大な影響を与えた哲学者ジャン=ポール・サルトルと、女性の幸せのため社会通念や偏見に立ち向かった「第二の性」の著者シモーヌ・ド・ボーヴォワールの知られざる愛の軌跡を描いたドラマ。『シャネル&ストラヴィンスキー』のアナ・ムグラリスらが出演。理想のカップルと称され公私にわたり影響を与え合いながらも、常識を覆す愛の形に苦悩しながらも、時代の寵児(ちょうじ)となった二人の半生に秘められたし烈な愛憎劇に圧倒される。(映画『サルトルとボーヴォワール 哲学と愛』 - シネマトゥデイ)

■天使突抜六丁目
シネマテーク/20:20
山田雅史 監督作品 「天使突抜六丁目」

地図には載っていない街を舞台に、ひょんなことからそこで暮らすことになった主人公が遭遇する奇妙な人々や出来事を描く幻想ファンタジー。『ひとりかくれんぼ 劇場版』の監督を務めた山田雅史がメガホンを取り、天使突抜六丁目に迷い込む主人公に、関西のドラマなどに出演している真鍋拓を抜てき。背中から羽が生えると信じるヒロインに、『冷たい熱帯魚』などの瀬戸夏実がふんするほか、柄本明麿赤兒、蘭妖子、上方落語桂雀々など、個性的で芸達者なベテランが脇を固める。アンダーグラウンドな世界観を持つ、独特の怪しげな作風に目を見張る。(映画『天使突抜六丁目』 - シネマトゥデイ)