読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

当サイトおすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20170317150742j:plain


パリ、恋人たちの影

監督:フィリップ・ガレル

(ほぼネタバレ)恋に悩む男女におすすめ、大人になるために。

>>

f:id:ausnichts:20170307095739j:plain


ブラインド・マッサージ

監督:ロウ・イエ

(完全ネタバレ)これに金熊を与えなかった審査員が信じられない!

>>

f:id:ausnichts:20170211220222j:plain


たかが世界の終わり

監督:グザヴィエ・ドラン

グザヴィエ・ドラン、会話劇で新境地

>>

f:id:ausnichts:20170206201800j:plain


ショコラ 君がいて、僕がいる

監督:ロシュディ・ゼム

実在したフランスの道化コンビ「フティット&ショコラ」の友情、そして人種差別

>>
最新記事

「スリーデイズ/ポール・ハギス監督」はオリジナル版「すべて彼女のために」レンタルへの誘い水?

映画

この愛のために撃て」のフレッド・カヴァイエ監督の前作「すべて彼女のために」のハリウッドリメイクと知り、不安を抱えながらも見てきました。

不安はアタリです! いやぁ、かったるいですね(笑)。いつになったら本題に入るのかといらいらしました。私がせっかちなのか、そもそも脱獄の緊迫感ではなくその事前準備がこの映画の本題なのかと首をかしげてしまいました。

それに「スリーデイズ」って、妻の移送が決まってからの3日間でしょ。このつくりじゃ、全然3日間の緊迫感が生きてこないと思いますが…。「The next three days」ってそういう意味のタイトルじゃないのかな?

オリジナルを見ていないので、早速「すべて彼女のために」のレンタルを申し込みました。

[rakuten:joshin-cddvd:10261918:detail]