読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

当サイトおすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20170419165406j:plain


午後8時の訪問者

監督:ジャン=ピエール・ダルデンヌ&リュック・ダルデンヌ

(ネタバレ)ダルデンヌ兄弟、相変わらず隙がなく完璧!

>>

f:id:ausnichts:20170317150742j:plain


パリ、恋人たちの影

監督:フィリップ・ガレル

(ほぼネタバレ)恋に悩む男女におすすめ、大人になるために。

>>

f:id:ausnichts:20170307095739j:plain


ブラインド・マッサージ

監督:ロウ・イエ

(完全ネタバレ)これに金熊を与えなかった審査員が信じられない!

>>

f:id:ausnichts:20170211220222j:plain


たかが世界の終わり

監督:グザヴィエ・ドラン

グザヴィエ・ドラン、会話劇で新境地

>>
最新記事

「ブンミおじさんの森/アピチャッポン・ウィーラセタクン」で疲れをとるzzz

今年のベストスリーピーシネマ決定!(笑)

とは言っても、決してつまらないということではない。緊張感をもって観る映画ではなく、まあ多少眠ったからといって、映画自体が分からないということはない。いや、じっと目を凝らして見たからといって、分かったという言葉が適切なほど分かるとも思えない。

描かれることのひとつひとつを取ってみれば信じがたいことの連続なのに、映画の中では、誰ひとり驚いたりしない。そういう映画だ。それぞれ起きることに言葉で表現すべき意味などないだろうし、そう見え、そう感じるということ以外にないだろう。

ただ気になるのは、これまで、アピチャッポン・ウィーラセタクン監督がどんな映画をつくってきているのか知らないが、この「ブンミおじさんの森」は、それなりに商業ベース的にも計算されてつくられていると思われ、眠くなる映画に一番多いパターンである、監督の超個人的世界観にもとづいてつくられた映画でないことである。

今週はもう一本催眠映画をみなくてはいけない。「ゴダール・ソシアリスム」