読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

当サイトおすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20170317150742j:plain


パリ、恋人たちの影

監督:フィリップ・ガレル

(ほぼネタバレ)恋に悩む男女におすすめ、大人になるために。

>>

f:id:ausnichts:20170307095739j:plain


ブラインド・マッサージ

監督:ロウ・イエ

(完全ネタバレ)これに金熊を与えなかった審査員が信じられない!

>>

f:id:ausnichts:20170211220222j:plain


たかが世界の終わり

監督:グザヴィエ・ドラン

グザヴィエ・ドラン、会話劇で新境地

>>

f:id:ausnichts:20170206201800j:plain


ショコラ 君がいて、僕がいる

監督:ロシュディ・ゼム

実在したフランスの道化コンビ「フティット&ショコラ」の友情、そして人種差別

>>
最新記事

「SOMEWHER」ソフィア、ボランティアでもしてきたら?

映画

やっぱり、ソフィア・コッポラは私には無理でした。
No.13/2011.4.2〜NAGOYA版今週見たい映画、見るかもしれない映画 - 沈黙する言葉(旧)


内容的にも全く入れないし、リズムも合わないし、ソフィア・コッポラの映画的センスが私に全く分かりません。だいいち、高級ホテルに暮らし、フェラーリを乗り回し、部屋にポールダンサーを呼んだり、パーティーやらに明け暮れる生活をしている男が、いくら孤独だからといって、そんなやつに共感なんてできるわけがありません。

これはジョーク映画だということなら受け入れましょう。

ラストシーン、ジョニー(主役の映画スター)が突然涙を流し、元妻(多分)に電話をし、こう言います。
「僕は空っぽなんだ…」
元妻は返します。
「どうしたの、ジョニー? ボランティアでもしてきたら?」

これはきっとジョークでしょう。