そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

当サイトおすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20170627135431j:plain


残像

監督:アンジェイ・ワイダ

アンジェイ・ワイダ監督の遺作、心に残る映画です!

>>

f:id:ausnichts:20170419165406j:plain


午後8時の訪問者

監督:ジャン=ピエール・ダルデンヌ&リュック・ダルデンヌ

(ネタバレ)ダルデンヌ兄弟、相変わらず隙がなく完璧!

>>

f:id:ausnichts:20170317150742j:plain


パリ、恋人たちの影

監督:フィリップ・ガレル

(ほぼネタバレ)恋に悩む男女におすすめ、大人になるために。

>>

f:id:ausnichts:20170307095739j:plain


ブラインド・マッサージ

監督:ロウ・イエ

(完全ネタバレ)これに金熊を与えなかった審査員が信じられない!

>>
最新記事

「かけら」青山七恵の男性はきれいすぎないか?

かけら

かけら
著者:青山七恵
価格:1,260円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

あっけないくらい、すらすらと読み進めてしまう。だが、その行間から浮かび上がる風景は味わい深い。

表題作の「かけら」、そして「欅の部屋」「山猫」と、短編3作が収録されている。この3作が並べられているのは意図的なのだろうか、それぞれに語り手の性別や立場が変わり、面白い。「かけら」は大学生の女性、「欅の部屋」は結婚を間近にひかえた20代後半の男性、「山猫」は新婚の夫婦が章により代わる代わるといった具合に、バラエティに富んでいる。

面白いと感じるのは、3作の雰囲気の違いが、その語り手の性別立場の違いにあるのではないかと思えることだ。青山七恵さん、1983年生まれだから28歳。作者本人のリアルな感覚が反映されやすい「かけら」は、たとえば「綿棒のようなシルエットの父がわたしに手を振って,一日が始まった。」や「首もとまできっちりボタンをとめたポロシャツ姿の父は、そういう風景に貼り付けられた一枚の切手みたいだった。」といった具合に、視覚するものを比喩で表現することが多い。それらは、表現としてはぼんやりしているが、読む者には明確な視覚イメージとして立ち上がってくる。多分、本当にそのように誰かを見て感じたことがあるのだろう。

ほぼ同じ年齢の大学生「知寿」が語り手の「ひとり日和」も、この作品と同じような感覚の作品だ。語り手の心情や思いがストレートな言葉として記述されることは少なく、その視覚イメージが独特な感覚で言語化されていく。

「欅の部屋」は、男が一人称で語る話である。結婚のための引っ越しをひかえた「僕」は、なぜか今も同じマンションの階下に住む4年前に別れた女性への思いが断ち切れないでいる。「他に好きな人ができた」と振られたのだから、断ち切れないのも当然だし、つきあい始めた頃、わざわざ彼女の方から同じマンションに引っ越してきたのだから、そのまま同じマンションにいるのも納得がゆかない。できるだけ顔を合わさないように避けてきたが、当然、事ある毎に彼女のことを思い出す。

恋愛の話だからということもあるかも知れないが、「かけら」のように、静止画のような一瞬が比喩的に語られることもなく、「僕」の心情が、見ている風景や思い出に張り付くような描写が多くなる。「かけら」に比べるとかなり湿った感じがする。

まだ2冊しか読んでいないので、この違いがこの作品に限ったことなのか、また、他に男性が一人称の作品があるのかも分からないが、「欅の部屋」は、私にはあまり新鮮には感じられない。別れた男にはこうあって欲しいという願望か?

「山猫」は、東京で暮らす新婚の夫婦のもとに、西表島から高校生のいとこがやってくる話だが、妻の一人称で語られたり、夫の一人称で語られたり、時に客観描写が入ったりと、ややまとまりに欠けている。語り手の主体は意図的に変えているのだろうが、どこかなじまない感じがする。妻の方の描写は、結構現実的で細かいが、夫の方はぼんやりしている。よく分からないのではないかと思わせる。

やはり、持ち味は「かけら」や「ひとり日和」のような作品にあると思う。