そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

当サイトおすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20170627135431j:plain


残像

監督:アンジェイ・ワイダ

アンジェイ・ワイダ監督の遺作、心に残る映画です!

>>

f:id:ausnichts:20170419165406j:plain


午後8時の訪問者

監督:ジャン=ピエール・ダルデンヌ&リュック・ダルデンヌ

(ネタバレ)ダルデンヌ兄弟、相変わらず隙がなく完璧!

>>

f:id:ausnichts:20170317150742j:plain


パリ、恋人たちの影

監督:フィリップ・ガレル

(ほぼネタバレ)恋に悩む男女におすすめ、大人になるために。

>>

f:id:ausnichts:20170307095739j:plain


ブラインド・マッサージ

監督:ロウ・イエ

(完全ネタバレ)これに金熊を与えなかった審査員が信じられない!

>>
最新記事

デザート・フラワー

映画としての魅力はあまりありませんが、ラスト30分、ワリス・ディリーが雑誌記者のインタビューに答えるあたりから国連での演説のシーンでもっている映画です。つまり、FGMの問題を扱っているがゆえに、映画として成り立っている感じです。FGM、全く知らなかったわけでもありませんが、身近に感じられることでもなく、どうこう考えたこともほとんどなく、それだけに、ラスト30分は結構きつかったです。

映画としてのつまらなさは、サクセスストリートしては中途半端なつくりですし、アフリカの扱いも極めてヨーロッパ目線ですし、冒頭のワリス13歳のアフリカのシーンなどは、何とも叙情的な音楽を使い、まるでNHKの「アフリカ大陸をゆく(そんな番組はありませんが)」みたいなつくりになっているところなど、まあ基本的に映画的でないということでしょう。

ただ、逆にそれがいい方に出ているかも知れません。やはり、真正面からFGMを扱うのであれば、ドキュメンタリーという選択でしょうし、余り感動的に仕立てようとすれば、それはそれで違った方向へ行ってしまいますし、まあ、問題提起的にとらえれば、成功している映画かも知れません。

私にしても、見終わった後、具体的に何ができるわけでもないでしょうが、もっと詳しく知ろうといろいろ調べたりしています。それにしても、全く理解を越えた、こういった悪習が存在することをどう理解すべきなんでしょう?