読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

当サイトおすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20170317150742j:plain


パリ、恋人たちの影

監督:フィリップ・ガレル

(ほぼネタバレ)恋に悩む男女におすすめ、大人になるために。

>>

f:id:ausnichts:20170307095739j:plain


ブラインド・マッサージ

監督:ロウ・イエ

(完全ネタバレ)これに金熊を与えなかった審査員が信じられない!

>>

f:id:ausnichts:20170211220222j:plain


たかが世界の終わり

監督:グザヴィエ・ドラン

グザヴィエ・ドラン、会話劇で新境地

>>

f:id:ausnichts:20170206201800j:plain


ショコラ 君がいて、僕がいる

監督:ロシュディ・ゼム

実在したフランスの道化コンビ「フティット&ショコラ」の友情、そして人種差別

>>
最新記事

冬の小鳥

映画

映画は決して言葉で語ってはいけない。過度な思い入れや説明を避け、そこにあるヒトやモノやコト、そしてそれらを包み込む空気をとらえれば、こんなにもすばらしい作品に仕上がる。

奇をてらうところなど全くなく、あえて言えば、子供目線のカメラワークや意図的に父親の顔をはずしたカットを冒頭のシーンで多用している程度で、全体的に極めてオーソドックスなつくりになっている。

大人の都合で孤児院に入れられた主人公ジニの様々な心情は、そうしようと思えば、いかようにもドラマチックに描けるのに、ウニー・ルコント監督は、決して、そのような手法はとらず、自身の感情を反映させようとすることもなく、ひたすら俳優たちを信じ、淡々と映像でとらえようとしている。

それだけに、観る側に生まれる想念は様々で、深く心に残る。

脚本を読んだイ・チャンドン監督が、「シンプルだが沢山の要素が詰まっている」とプロデュースを買って出たとの話もあり、その影響力がややあるのではないかと思わせるが、いずれにしても、ウニー・ルコント監督、次回作が楽しみだ。