読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

当サイトおすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20170317150742j:plain


パリ、恋人たちの影

監督:フィリップ・ガレル

(ほぼネタバレ)恋に悩む男女におすすめ、大人になるために。

>>

f:id:ausnichts:20170307095739j:plain


ブラインド・マッサージ

監督:ロウ・イエ

(完全ネタバレ)これに金熊を与えなかった審査員が信じられない!

>>

f:id:ausnichts:20170211220222j:plain


たかが世界の終わり

監督:グザヴィエ・ドラン

グザヴィエ・ドラン、会話劇で新境地

>>

f:id:ausnichts:20170206201800j:plain


ショコラ 君がいて、僕がいる

監督:ロシュディ・ゼム

実在したフランスの道化コンビ「フティット&ショコラ」の友情、そして人種差別

>>
最新記事

ゾンビランド

映画

天高く馬肥ゆる秋(とはいえ、まだ暑いですが)の連休の一日、意外な映画を見てしまいました。
32のルールが運命を決める 映画「ゾンビランド」フリーク
ホラー、オカルト、スプラッター、その手の映画はほとんど見ることはありません。魔が差した(笑)としか言いようがありません。

理由は、わけもなく面白そう、に尽きるのですが、期待度からいきますと70点位でしょうか。それなりに楽しめはしたのですが、やや欲求不満に陥ります。ゾンビものに、ロードムービー、青春映画の雰囲気をプラスして、うまくまとめてありますが、ややテンポがのろすぎます。

ルーベン・フライシャー監督、これが商業映画デビュー作のようです。いくつなんでしょうか? 70年代から80年代くらいの映画の引用が相当されていました。その上、「ゴースト・バスターズ」に絡めて、ビル・マーレイが本人役で出演しています。

言葉の問題もあるのでしょうか、なかなか笑いきれなかったのですが、思わずぷっと吹いたりしながら見られ、そこそこ楽しめた映画です。アメリカ映画はこういったものが一番かも!?