そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

当サイトおすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20170627135431j:plain


残像

監督:アンジェイ・ワイダ

アンジェイ・ワイダ監督の遺作、心に残る映画です!

>>

f:id:ausnichts:20170419165406j:plain


午後8時の訪問者

監督:ジャン=ピエール・ダルデンヌ&リュック・ダルデンヌ

(ネタバレ)ダルデンヌ兄弟、相変わらず隙がなく完璧!

>>

f:id:ausnichts:20170317150742j:plain


パリ、恋人たちの影

監督:フィリップ・ガレル

(ほぼネタバレ)恋に悩む男女におすすめ、大人になるために。

>>

f:id:ausnichts:20170307095739j:plain


ブラインド・マッサージ

監督:ロウ・イエ

(完全ネタバレ)これに金熊を与えなかった審査員が信じられない!

>>
最新記事

人間失格/DVD

[rakuten:book:13641647:detail]これが荒戸節なんですから、それを知りつつ見て、どうこう言ってはいけないのですが、相変わらず、カット毎の、いわゆる様式美と言うんでしょうか、その多くがシンメトリーを基本としているようですが、こだわってます。

でも、どうなのかなあ…、やや古い感じは否めないですね。それにこういう映像から、果たして太宰らしさは出てくるんでしょうか?

それにしても、「墜ちていくほど、美しい。」って、それを生田斗真くんに求めても、ちょっと無理だと思いますよ。そうそうたるメンバーに囲まれて、頑張ってるって評価もあるかも知れませんが、一体何が苦しいのかさっぱり伝わってきませんし、そもそも苦悩がある感じはしません。

次から次へと出てくる女性たちも、何とも中途半端で、彼の何に惹かれたかよく分からないまま、いきなり色気を振りまいたり、いきなり心中したり、何だがもったいないですね。このテンポでいくのなら、いっそのこと4時間くらいにして、じっくり描いた方がいいんじゃないかと思ってしまいます。

やっぱり、荒戸源次郎は監督業より、プロデューサーでしょう。