そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

当サイトおすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20170918200754j:plain


あさがくるまえに

監督:カテル・キレヴェレ

(ネタバレしても問題ない)のでよく知って見るべし。シンプルなのに情感豊か。

>>

f:id:ausnichts:20170816183630j:plain


ブランカとギター弾き

監督:長谷井宏紀

(ネタバレ)映画はシンプルなのに物語は深い

>>

f:id:ausnichts:20170627135431j:plain


残像

監督:アンジェイ・ワイダ

アンジェイ・ワイダ監督の遺作、心に残る映画です!

>>

f:id:ausnichts:20170419165406j:plain


午後8時の訪問者

監督:ジャン=ピエール・ダルデンヌ&リュック・ダルデンヌ

(ネタバレ)ダルデンヌ兄弟、相変わらず隙がなく完璧!

>>
最新記事

マレーナ/DVD

調べてみたら、この映画、2001年6月の公開だったようです。6年も前とは、不思議な感じがするのですが、なぜか印象に残っています。

とは言っても、印象に残っているのは予告編で、本編は観ていません。少年たちが海岸沿いの道路に陣取り、好奇心に満ち溢れたまなざしを向けるその先を、どこかさびしげなひとりの女性が歩いていく。多分予告編のこのシーンを何度も見せられたからでしょう。

ニュー・シネマ・パラダイス」のジュゼッペ・トルナトーレ監督の作品なのですが、その予告編から受けた印象が、少年が大人になっていく過程を大人の女性への憧れと性的な欲望を通して描くという、いわゆるありがちな描き方に感じたせいか、見逃してしまったのだと思います。

しかし、違っていました。

確かに一方の軸は、その通り、レナード少年がモニカ・ベルッチ演じる美しい人妻マレーナに一目惚れ、じゃないですね、あれは、悩殺ですね。他には何も見えないくらいにすっかりやられてしまい、性的妄想に耽りつつ、それでも誰よりも心やさしく彼女を見守ることで自分自身が成長していくつくりにはなっているのですが、もうひとつ、はっきりと愚かなる「大衆」という視点が映画の軸となっていました。

マレーナは、戦争で夫を亡くし、街の弁護士に策略的に結婚をせまられ、なぜか娼婦にまで落ち、街の女たちにリンチを受けて、街を追い出されるのですが、そのあたりはレナード少年の目を通して描かれますので、あまりマレーナの意思がどうであったかなどということは重要ではなく、まあ、見ていてもはっきりしないというか、そういえばマレーナのセリフはほとんどなかったですね。マレーナは、少年の偶像のような存在ですから、それでいいのでしょう。

そんなマリーナの動静に、街の人々は、好奇心丸出しの厭らしい視線を浴びせ、悪意や嫉妬に満ちた言葉を投げつけ、挙句の果てのリンチ、そして手の裏を返したような擦りよりをみせます。愚かなる「大衆」ということなんでしょうね。ただ、それも見ていていやな感じがするわけではなく、どこかぼんやりと曖昧に、これも多分少年の目線で描かれているということなのでしょうか、決して非難するような描き方ではなく、まあこんなもんでしょうとか、所詮人間なんですからみたいな、どこかおおらかなところはあります。

イタリアっぽいというか、シチリアの風土的なものというか、といっても実際に知っているわけではないですが、そんな感じのする映画でした。