そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

当サイトおすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20170918200754j:plain


あさがくるまえに

監督:カテル・キレヴェレ

(ネタバレしても問題ない)のでよく知って見るべし。シンプルなのに情感豊か。

>>

f:id:ausnichts:20170816183630j:plain


ブランカとギター弾き

監督:長谷井宏紀

(ネタバレ)映画はシンプルなのに物語は深い

>>

f:id:ausnichts:20170627135431j:plain


残像

監督:アンジェイ・ワイダ

アンジェイ・ワイダ監督の遺作、心に残る映画です!

>>

f:id:ausnichts:20170419165406j:plain


午後8時の訪問者

監督:ジャン=ピエール・ダルデンヌ&リュック・ダルデンヌ

(ネタバレ)ダルデンヌ兄弟、相変わらず隙がなく完璧!

>>
最新記事

DVD

映画「海街diary」綾瀬はるかさんのうまさが光る映画ですかね

原作は、 吉田秋生さんって方の漫画なんですね。そんなことも知らずに、そういえばカンヌのコンペティションに出品されたなあと思い借りてみました。 パルムドールが「ディーパンの闘い」の年で、「ティエリー・トグルドーの憂鬱」「五日物語 3つの王国と3…

映画「湯を沸かすほどの熱い愛」(ネタバレ)号泣必死の家族ファンタジー

夏休みということもあるのでしょう、公開される映画がアニメやら若年層向けの恋愛ものが多く、なかなかそそられるものがありません。 そうした中にもきっといい映画があるのでしょうが、見つけ出すのは難しいですね。 で、DVD を数本借りました。 その1本「…

映画(DVD)「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」「イノセンス」何もこれを実写化する必要なんてないのに。

実写版の「ゴースト・イン・ザ・シェル」を見たことが契機になり、念願のアニメ版押井守監督「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」と「イノセンス」を二本立てで見ました! 「攻殻機動隊」の方は面白かったのですが、「イノセンス」の方はちょっと無理でした。 …

「夏の終り/熊切和嘉監督」満島ひかりさんフィーチャーの映画としてみれば悪くはないが、昭和30年は感じられずかな

「愛のむきだし」で、何だこの子は!?と、ある種、衝撃を感じた満島ひかりさん、その後見ているのは、「カケラ」「川の底からこんにちは」「悪人」ですが、読み返してみますと、どれも監督をぼろくそに書いています(笑)ので、「悪人」以外は、満島さんの…

「トラッシュ!この街が輝く日まで/スティーブン・ダルドリー監督」エンターテイメント色の強い少年たちの冒険譚、見せ方や構成がうまくDVD鑑賞でも引き込まれます

スティーブン・ダルドリー監督の映画は、なぜか DVD鑑賞になってしまいます。劇場で見たのは「めぐりあう時間たち」だけです。 「リトル・ダンサー」「愛を読むひと」も DVD鑑賞で、後から劇場で見ればよかったと後悔し、「ものすごくうるさくて、ありえない…

「フォックスキャッチャー/ベネット・ミラー監督」監督の演出力とチャニング・テイタムとスティーブ・カレル二人の演技力ですね

ピーンと張りつめた緊迫感がいいですね。 一昨年のカンヌで監督賞を受賞、アカデミー賞では、スティーブ・カレル(ジョン・デュポン役)とマーク・ラファロ(デイブ・シュルツ役)が俳優賞にノミネートされていますが、この映画は、監督の演出力とマーク・シ…

「味園ユニバース/山下敦弘監督」もう少し音楽の強さを出してほしいとは思いますが、バランスの良いアイドル(?)映画です。

「渋谷すばる」が誰かも知らず、山下敦弘監督と二階堂ふみさんの名前で見た映画(DVD視聴)です。 「関ジャニ∞」のメンバーなんですね。 と書いていても、「カンジャニ」と読むのか、「セキジャニ」(関サバの連想で)と読むのか、毎度迷ってしまうというア…

「マッドマックス 怒りのデス・ロード/ジョージ・ミラー監督」期待するも、爆走シーンやアクションもさほどではなく、CG多用(じゃないらしい)の印象。

アカデミー賞関連の記事などで、妙に「マッドマックス 怒りのデス・ロード」が騒がれており、そんなにいいのかなとDVD(BD)で見てみました。 なるほど(笑)。 すでに四作目ですし、こうしたシリーズ物にしては珍しく、すべて監督が同じなんですね。ジョー…

「ぐるりのこと。/橋口亮輔監督」個人的には苦手な映画ではありますが、完成度は高く、劇場で見れば集中して見られたでしょう。

「恋人たち」では、結構厳しいレビューを書いてしまいましたが、旧作を見たみたいと書いた通り、代表作(でいいのかな?)「ぐるりのこと。」を見てみました。 ちなみに、「恋人たち」はキネ旬の2015年日本映画ベストテンの1位でした。 で、ついでに外国映…

「四十九日のレシピ/タナダユキ監督」俳優でもっている映画、石橋蓮司、淡路恵子、二階堂ふみがいいです。相変わらず演出は過剰。

見ようと思いリストアップしてあるDVD(Blu-ray)がなかなか消化できません。そのひとつ、タナダユキ監督の「四十九日のレシピ」です。 この監督の作品は、「百万円と苦虫女」「ふがいない僕は空を見た」と、見た二本とも苦手な印象しか残っていないのですが…

「英国王のスピーチ/トム・フーパー監督」DVD視聴ですので今更ですが普通に面白かったです。この監督はオーソドックスな手法があっています。

2010年の作品ですので、いまさら何かを書く映画ではありませんが、見たことを忘れないようにとのメモ程度です。DVD になったらすぐに見ようと思っていたはずですが、なんと5年後になってしまいました。 翌年のアカデミー賞の作品賞、主演男優賞、監督賞、脚…

「クロワッサンで朝食を/イルマル・ラーグ監督」邦題にかなり違和感、ヨーロッパの「老い」の感覚が感じられる映画というところかな

見始めてしばらくは、あれ?借りる映画を間違えたのかと思いました。 記憶している予告編の印象やタイトルから、裕福だけれども偏屈がゆえに孤独な老婦人が、貧しいけれども心豊かな家政婦さんの優しさに触れて心をひらいていくお話かと思っていました。 そ…

映画「るろうに剣心/大友啓史監督」佐藤健くんの、首から上を少し前に倒しての流し目線がいいですね。ファンになりそうです(笑)。

今年の初めだったと記憶していたのですが、ググってみると、昨年2月だったのでしょうか? テレビで、佐藤健くんが台湾で大人気という話題を見て、その時の佐藤くんの照れくさそうな振る舞いがなかなかの好印象で、「へぇー」と思いつつ、「るろうに剣心」で…

「ふがいない僕は空を見た/タナダユキ監督」女性監督の描くセックスシーンはやたら生々しくエロいような気がするのですが…

相変わらず、と言っても「百万円と苦虫女」しか見ていないのですが、ステレオタイプな人物や群像でドラマづくりをする監督ですね。「百万円…」では、それが相当鼻についてうんざりしたものですが、この映画は、構成がしっかりしているせいか、何とか興味を失…

「アイム・ソー・エキサイテッド!/ペドロ・アルモドバル監督」初期のアルモドバルが帰ってきた!まるでお友達のように「アルモドバル」と呼び捨て?

初期のアルモドバルが帰ってきたような感じでいいですね。とは言いつつ、劇場で見ることもないだろうと今やっとDVD視聴ですから大きなことは言えません(笑)。アイム・ソー・エキサイテッド!ジャンル: CD・DVD・楽器 > DVD > 洋画 > その他ショップ: イー…

「HANA-BI/北野武監督」&「キッズ・リターン」出来るならば、70歳になっても80歳になっても、こういう映画を作り続けて欲しいとは思います

「その男、凶暴につき」に続き、「HANA-BI」と「キッズ・リターン」です。やはり、見る時代によって、というより自分の年齢でしょうか、随分印象が違います。HANA−BIジャンル: CD・DVD・楽器 > DVD > 邦画 > その他ショップ: イーベストCD・DVD館価格: 3,570…

「その男、凶暴につき/北野武監督」日本でもこういう感覚の映画が撮れるんだというのが第一印象。フィルム・ノワール的という言葉が当てはまるんでしょうか

なるほどね…。というのは、「龍三と七人の子分たち」を見て、北野武監督の映画と相性の悪い自分を感じ、初期作品を見てみようと思い立ってのことだからです。その男、凶暴につき [ ビートたけし ]ジャンル: CD・DVD・楽器 > DVD > 邦画 > ヒューマンショップ…

「ラブ・クライム 偽りの愛に溺れて/アラン・コルノー監督」ブライアン・デ・パルマ監督の「パッション」のオリジナルですが、なぜこれをリメイクしようとしたのか…?

ブライアン・デ・パルマ監督の「パッション」のオリジナル版です。「パッション」が首をひねるような出来でしたのでオリジナルを見てみようと思っていたのですが、今となっては「パッション」自体をすっかり忘れてしまっています。ラブ・クライム 偽りの愛に…

「まほろ駅前多田便利軒/大森立嗣監督」テーマが一本調子すぎるかな…

いい映画だと思って見ればいい映画ですが、DVDでは集中力持続できずというところです。[rakuten:guruguru2:10818106:detail] それに、登場人物の抱える問題が一貫して親子関係というのも、これは原作がそうなのか、大森監督の問題意識なのか、さすがにもうい…

「あの頃、君を追いかけた/ギデンズ・コー監督」独特のカラッとした切なさとセンスのいい笑い、台湾の青春ものは性に合います

なぜか台湾の青春ものは性に合います。あの頃、君を追いかけた[Blu-ray]出版社/メーカー: マクザム発売日: 2014/04/04メディア: Blu-rayこの商品を含むブログ (3件) を見る台湾の西海岸ちょうど真ん中くらいにある町、彰化。その町の私立高校に通う男女7人の…

「ペコロスの母に会いに行く/森崎東監督」岩松了さん、自然体で間もいいですし、ほろりとさせる面ももっていますし、この役にぴったりです

岩松了さんでもっている映画ですね。自然体で間もいいですし、ほろりとさせる面ももっていますし、この役にぴったりです。ペコロスの母に会いに行く 【通常版】 [ 岩松了 ]ジャンル: CD・DVD・楽器 > DVD > 邦画 > ヒューマンショップ: 楽天ブックス価格: 3,…

「永遠の0/山崎貴監督」これは映画ではなく宗教ですねえ

思想的にどうこうということもありますが、それよりも映画としてつまらないです。特攻隊員の生き残りたちの語りがまるで歴史読本を読んでいるような解説文では到底映画になりません。過去を探っていく現代の人物像もステレオタイプで浅すぎます。永遠の0 Blu…

「ニシノユキヒコの恋と冒険/井口奈己監督」この映画のニシノユキヒコは女の願望とみればいいのですかね

どう見ていいのかよく分からない映画ですね。何かのジョークなんですよね、きっと(笑)。ニシノユキヒコの恋と冒険 Blu-ray(特典DVD付2枚組)出版社/メーカー: 東宝発売日: 2014/08/20メディア: Blu-rayこの商品を含むブログ (2件) を見るもう一つのブログで…

「ゼロ・グラビティ/アルフォンソ・キュアロン監督」ジョージ・クルーニーがあっさり消えてしまったのにはびっくり。戻ってきた!と思ったら幻でした(笑)。

評判になっていたと記憶していましたので見てみましたが、こりゃDVDで見てもダメですね。内容は極めて単純で、ライアン・ストーン(サンドラ・ブロック)宇宙飛行士、というより科学者ですかね、彼女が宇宙空間で事故に遭い、ひとり決死の帰還をするというた…

「そして父になる/是枝裕和監督」それぞれ俳優がうまくはまっていましたし、子役もうまいですね。

野々宮良多(福山雅治)ひとり悪者の映画でした。それにしてもこういう映画はうまいですね、是枝監督。そして父になる DVDスペシャル・エディション [ 福山雅治 ]ジャンル: CD・DVD・楽器 > DVD > 邦画 > ヒューマンショップ: 楽天ブックス価格: 5,540円楽天…

「ブラック・ブレッド/アグスティ・ビリャロンガ監督」馬車が馬ごと崖から落ちるシーンはどうやって撮ったのでしょう?確かに馬は本物にみえるのですが…CG?

2012年のアカデミー外国語映画賞スペイン代表になった作品です。アルモドバル監督の「私が、生きる肌」をおさえて代表になったとの宣伝文句があったと記憶しており、気にはなっていたのですが、見逃した映画です。ところで、アカデミー外国語映画賞というの…

「わたしはロランス/グザヴィエ・ドラン監督」あらためてDVDを見てみたら、とんでもなくいい映画だと再認識した。「トム・アット・ザ・ファーム」が待ち遠しい。

あらためてDVDで見てみましたら、劇場で見た時とはまた違った発見、と言いますか、ああこうだったのかと違った見え方がしました。多分、GID-Gender Identity Disorder(現在はGD-Gender Dysphoria)やトランスジェンダーに関する知識を多少身につけたからで…

「The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛」リュック・ベッソン監督、こういう映画もバランスよくうまく撮るんですね(笑)。

2011年の映画です。当時、ミシェル・ヨーさんが脚本に惚れ込み、映画化をリュック・ベッソンに頼み込んだみたいな話が流れていたと記憶しています。リュック・ベッソン監督の映画はほとんど見ていますが、伝記ものですし、その頃は監督よりもプロデューサー…

「愛を読むひと/スティーブン・ダルドリー監督」6年前の映画ですが、こんないい映画とは知らず、今さらのDVD鑑賞です

公開当時も気になっていましたし、DVDを借りる度に必ず一度はクリックし一覧に入るんですが、なぜか最後には選択から落ちてしまうという哀しい運命(?)の映画をやっと見ることが出来ました。2008年の公開、6年前です。こんなに良い映画だったんですね。邦…

「トゥモロー・ワールド/アルフォンソ・キュアロン監督」なぜ皆男の子と思い込んでいるのだろう?そして「インセプション」と「ゲゲゲの女房」

連休は、未見となっているDVDを少しでも消化しなくっちゃとがんばりました。トゥモロー・ワールド プレミアム・エディション [DVD]出版社/メーカー: ポニーキャニオン発売日: 2007/03/21メディア: DVD購入: 4人 クリック: 77回この商品を含むブログ (289件) …