読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

当サイトおすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20170317150742j:plain


パリ、恋人たちの影

監督:フィリップ・ガレル

(ほぼネタバレ)恋に悩む男女におすすめ、大人になるために。

>>

f:id:ausnichts:20170307095739j:plain


ブラインド・マッサージ

監督:ロウ・イエ

(完全ネタバレ)これに金熊を与えなかった審査員が信じられない!

>>

f:id:ausnichts:20170211220222j:plain


たかが世界の終わり

監督:グザヴィエ・ドラン

グザヴィエ・ドラン、会話劇で新境地

>>

f:id:ausnichts:20170206201800j:plain


ショコラ 君がいて、僕がいる

監督:ロシュディ・ゼム

実在したフランスの道化コンビ「フティット&ショコラ」の友情、そして人種差別

>>
最新記事

映画「おとなの事情」(完全ネタバレ)おとなの事情(原題は"赤の他人")と言いながら、映画の中で起きることは子どもの行い

映画

シチュエーション・コメディのジャンルかと思いますが、ただ見ようによってはかなりシリアスで、身に覚えのある人は笑ってはいられないかも知れません(笑)。

いや、逆かな?

たとえば夫婦で、あるいはカップルでこの映画を見に行ったとすれば、こりゃやばいと思い当たる人は大笑いしてごまかすしかありません(笑)。

大笑いしている隣に気をつけましょう。

 

監督:パオロ・ジェノベーゼ

f:id:ausnichts:20170325132450j:plain

ある夜、幼なじみたちがそのパートナーを連れて食事会に集まった。新婚カップル、倦怠期の夫婦、思春期の娘の教育をめぐってうまくいかなくなった夫婦、そして最近“彼女ができた”バツイチの男。7人は携帯を使ったゲームを始める。メールが届いたら読み上げること。電話が鳴ったらみんなの前で話すこと。やがて、電話が鳴り、メールが届き始める。たわいない遊びが、長年培ってきた友情と絆に波紋を投げかける……。(公式サイト

 

始まって1/3くらいまでの速いテンポの無意味な会話のシーンが面白かったです。どうやって撮ったんだろうと思うくらい、見事に7人の会話が途切れることなくカット割りされて編集されていました。

円形に7人が座って食事しながら喋りまくるシーンを、それぞれ正面から抑えたカットが続くわけですから、相当大変だったんじゃないかと思います。

続きを読む