読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

当サイトおすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20170317150742j:plain


パリ、恋人たちの影

監督:フィリップ・ガレル

(ほぼネタバレ)恋に悩む男女におすすめ、大人になるために。

>>

f:id:ausnichts:20170307095739j:plain


ブラインド・マッサージ

監督:ロウ・イエ

(完全ネタバレ)これに金熊を与えなかった審査員が信じられない!

>>

f:id:ausnichts:20170211220222j:plain


たかが世界の終わり

監督:グザヴィエ・ドラン

グザヴィエ・ドラン、会話劇で新境地

>>

f:id:ausnichts:20170206201800j:plain


ショコラ 君がいて、僕がいる

監督:ロシュディ・ゼム

実在したフランスの道化コンビ「フティット&ショコラ」の友情、そして人種差別

>>
最新記事

映画「モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由」(ほぼネタバレ)大人のリアルな愛憎劇、決してベティ・ブルーではない(笑)

映画

『ベティ・ブルー 愛と激情の日々』から30年…は、宣伝文句とはいえ余計ですね(笑)。

映画の製作者にそんな意識はまるでないでしょうから、日本の宣伝関係者によほど「ベティ・ブルー」を好きな人がいるのでしょう。

まあ、私も好きですし、これまで見た中からお勧めを1本をと言われたら、あるいは「ベティ・ブルー」をあげるかもしれませんので、DVDを見直してみようと思わせてくれたことは悪くないんですけどどうなんでしょう…。

タイトルの「Mon Roi」は「My King」という意味らしいです。トニーから夫のジョルジオを指しているわけですが意味深です。

 

監督:マイウェン

f:id:ausnichts:20170328154850j:plain

スキーで大けがを負ったトニーは、リハビリセンターで黙々とトレーニングを続けながら、元夫のジョルジオとのハリケーンのような10年間を振り返る。トニーは弁護士、一方のジョルジオはいつも美女に囲まれて派手な暮らしを送っていた。そんな二人がなぜ愛し合うことになったのか?トニーは、裏切っては愛を誓い、逃げ出しては舞い戻り、嵐のようなジョルジオに身も心も引き裂かれる─。(公式サイト

 

監督はマイウェンさんという方で誰だろう?と思いましたら、リュック・ベッソン監督の二人目(かな?)の妻だった人で、15,6歳の時に出会い、17歳で結婚しているようです。リュック・ベッソンさんってロ◯◯◯ですからね。

続きを読む