そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

当サイトおすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20170627135431j:plain


残像

監督:アンジェイ・ワイダ

アンジェイ・ワイダ監督の遺作、心に残る映画です!

>>

f:id:ausnichts:20170419165406j:plain


午後8時の訪問者

監督:ジャン=ピエール・ダルデンヌ&リュック・ダルデンヌ

(ネタバレ)ダルデンヌ兄弟、相変わらず隙がなく完璧!

>>

f:id:ausnichts:20170317150742j:plain


パリ、恋人たちの影

監督:フィリップ・ガレル

(ほぼネタバレ)恋に悩む男女におすすめ、大人になるために。

>>

f:id:ausnichts:20170307095739j:plain


ブラインド・マッサージ

監督:ロウ・イエ

(完全ネタバレ)これに金熊を与えなかった審査員が信じられない!

>>
最新記事

映画「ハートストーン」(ほぼネタバレ)ラストのカサゴがかすかな救いでも、子どもたちの見る希望なき世界

アイスランド映画です。

最近では、「ひつじ村の兄弟」「馬々と人間たち」を見ていますが、どちらも辺り一帯知らない者のいないような狭い地域の人間模様がテーマでした。

この映画もそうした生活環境は同じようなものですが、物語は思春期を迎えた少年少女たちの話です。

グズムンドゥル・アルナル・グズムンドソン監督は30代なかば、この映画が初の長編とのことです。数本撮っている短編では評価は高いと公式サイトにあります。 

 

監督:グズムンドゥル・アルナル・グズムンドソン

f:id:ausnichts:20170722153430j:plain

アイスランドの小さな漁村、ソールとクリスティアンは幼なじみでいつも一緒。ソールは思春期にさしかかり、大人びた美少女ベータのことが気になりはじめる。クリスティアンはそんなソールの気持ちを知り二人が上手くいくよう後押しする。ただそこには二人を見守りつつ複雑な表情を浮かべるクリスティアンがいた…。(公式サイト

 

2016年のクィア獅子賞(Queer Lion)を受賞していますね。この賞は、「ヴェネツィア国際映画祭で上映された作品のうち、LGBTやクィアカルチャーを扱っている映画の中から最高の作品に与えら(ウィキペディア)」れるとのことです。

続きを読む