そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

当サイトおすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20170816183630j:plain


ブランカとギター弾き

監督:長谷井宏紀

(ネタバレ)映画はシンプルなのに物語は深い

>>

f:id:ausnichts:20170627135431j:plain


残像

監督:アンジェイ・ワイダ

アンジェイ・ワイダ監督の遺作、心に残る映画です!

>>

f:id:ausnichts:20170419165406j:plain


午後8時の訪問者

監督:ジャン=ピエール・ダルデンヌ&リュック・ダルデンヌ

(ネタバレ)ダルデンヌ兄弟、相変わらず隙がなく完璧!

>>

f:id:ausnichts:20170317150742j:plain


パリ、恋人たちの影

監督:フィリップ・ガレル

(ほぼネタバレ)恋に悩む男女におすすめ、大人になるために。

>>
最新記事

映画「ブランカとギター弾き」(ネタバレ)映画はシンプルなのに物語は深い

こういう映画を撮ることが出来る長谷井宏紀監督ってどんな人? と公式サイトを見てみましたら、

2009年、フィリピンのストリートチルドレンとの出会いから生まれた短編映画『GODOG』では、エミール・クストリッツァ監督が主催するセルビアKustendorf International Film and Music Festival にてグランプリ(金の卵賞)を受賞。その後活動の拠点を旧ユーゴスラビア、セルビアに移し、ヨーロッパとフィリピンを中心に活動。

とあります。 

 

監督:長谷井宏紀

f:id:ausnichts:20170816183630j:plain

ヴェネツィア・ビエンナーレ&国際映画祭の全額出資を得た長谷井宏紀監督がマニラを舞台に撮影した。YouTubeで人気を集めていたブランカ役のサイデル・ガブテロは美しい歌声と演技力で観る者を強く惹きつける。盲目のギター弾きはフィリピンの街角音楽家ピーター・ミラリ。母親を買うことを思いついた孤児の少女ブランカと盲目のギター弾きの“幸せを探す旅”。(公式サイト

 

なるほどね、という感じがします。

 

何がかといいますと、映画は全編、フィリピン マニラのスラムを舞台にしているのですが、カメラが外部の眼じゃないんです。

続きを読む